WEBに関わるテクニカルな話を中心に、トレンド、役立つ情報、ツールやアングラニュースなどなど、WEBの現場で働く人々のチラ裏サイト。 イラスト
ワールドワイドをテンポアップ WEBもっと Powered by KWC

≪ コメダ珈琲店でシロノワールとカツサンドを食す | メイン | Twitter始めました。 ≫

勝手に次世代ケータイの機能について想像してみた

昭和の電話風景

おサイフケータイにナビゲーション機能、ゲームに情報端末と、もはやケータイは「持ち運べる電話」というよりむしろ「あらゆる便利な機能を詰め込んだ現代生活に欠かせない最強ツール」といった感も。
とりわけ最近はiPhoneやXPERIA(アンドロイドケータイ)など、ケータイの便利さとPCの高機能さを兼ね揃えたスマートフォンも普及し、これさえあればとりあえず一人で生きて行けるのではなかろうか、婚活などしなくてよいのではなかろうか、孤独と戦えるのではなかろうか、といった安心感があります。
素敵な時代になったものです。

が、そんなモダンなケータイでも「本当はこーゆー機能がついてればもっと便利なのになあ」と欲が出てきちゃうのが人の性。

そこで今回は勝手に、「次に発売されるケータイにこういう機能がついたらいいのになあ」という提案をしたいと思います。
果たして理想のケータイとはどんなものか、見ていきましょう。

体温計
体温計

「日ごろ必要ないけれど、使いたい時に限って手元にない機械」の代表といえば、体温計ではないでしょうか。
「ああ俺、今、体調チョー悪い、あきらかに、熱ある、測れば、部長も、早退して、いいって、言うはず……、でも体温計無い……、母ちゃん、俺、もう、ダメだ……」なんて、体調の悪さを隠しているサラリーマンの方々も少なくないはず。

そこでいつも持ち歩いているケータイに検温機能がついていれば、いざという時に大変役立つと思うわけです。
結果も大きく表示できますしね、老眼の部長にもはっきり判別できるはず。

これで病気がちのサラリーマンの方々もおうちに帰って昼ドラマを楽しめます。
あ、でも体温計があるということは、憧れの女係長に「あ、○○君! ちょっと熱っぽいじゃない!?」とおでことおでこをあわせて測ってくれる、若手サラリーマンの憧れ☆ドキドキシチュエーションもなくなってしまうわけです。
そりゃあ困った、何が困ったって、そんな漫画みたいな展開を見たことがない点です。
どこかにいないのでしょうか、おでこ検温系上司。


ライター

ライター

タバコを吸う時に、炭に火をつける時に、冬場に凍結した水道管を温めるのに、ミスが見つかった納品書の証拠隠滅に、秘密組織の幹部にもらったあぶり出しの手紙を読む時に、ライター1本あると大変役立ちます。
でもガスが切れればとたんに役立たずになるのが彼らの宿命。
そこでケータイに着火アプリがあればいいのでは、と思うわけです。

関係ないですが、学生時代、PCマニアの友人に自作パソコンを作ってもらったところ、起動したとたんもくもくと煙を立てて発火しはじめ、きれいなキャンプファイアーを見せてくれました、サンキュー・マイフレンド。
PCでも発火するのだから(?)、モバイルでも意外と技術的には可能なのかもしれませんね、本当かいな。


放水

放水

筆者はタバコを吸わないのでイマイチ実感がありませんが、最近とみに「タバコ」を取り巻く環境は悪化しているようで。
「分煙!」「嫌煙!」と老いも若きも男も女も声を張り上げる平成の世、ヤニーズの方々の肩身はますます狭くなっています。
先日など、とある童話内にタバコを吸うシーンが載っていたことで嫌煙派の非難にあい、結果的に発刊中止になった、などというニュースも。

それはちと勇み足では……、などと吸わない人間でも思ってしまいますが、嫌煙派の人たちにとっては兎にも角にもタバコ=最悪の害という意識が定着しているようで。

というわけで、いつでもどこでも憎らしいあいつにジュッと冷水浴びせる強い味方、放水ケータイのお出ましです。
あちらでバシャリ、こちらでバシャリ、タバコを吸わんとする方々の顔面にかけられる火消し用の水……。
何か別の問題が起きそうな気もします。
というかタバコを吸う人も嫌煙する人も、健やかな毎日を送るためにそうするわけなんですから、いがみ合ってストレスためていたら世話ないような気も……、どうなんでしょうね?


若者が嫌う音

音

少し前、夜中に若者がたむろする場所は治安が悪化するので、「若者が嫌う音」を発生させ集まらないようにさせよう、みたいなニュースがあったかと記憶しています。

これを聞いたとき、複雑な気分になりました。
大人も元は子供、ある種の事象を取り上げて「若者は駄目だ」「あいつらは害だ」と決めつけちゃうのは大人の暴力だと思います。
大人だって今も昔も未熟なもの、若さをそのまま排除対象にするのは、ちょっとね、なんて。

でも一方で、夜中に不安を抱きつつ帰路につかなければいけない女性の方々もいるわけでして、熊よけの鈴よろしく「予防」として使うのは意外とアリなのかも、などとも。

となると持ち運びに便利なケータイにそういう機能があればいいのでは……。
と思ったら、なんとすでにありました。


http://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=326108565&mt=8

(注・iTunesがたち上がります)

このアプリを使うと、25歳までの若者にとって嫌な音が流れるのだとか。
つまりこれを聞いて嫌な気分になれれば「若い」ってことですね、なるほどなるほど。

筆者は今年で31歳、試しに聞いてみました。
あ! これ、ものすごく不快です! とっても苦手!
いやあ、自分もまだまだ若い、フレッシュ! まだまだ気分は20代……。
こういうのを空元気と言います、がっかりです。


浮力

浮力

ケータイを水に落とすと水没します、当たり前です。
水没すると故障します、当然です。
精密機械は扱いがとっても大変、あやまって洗濯機にでも回してしまえば生還は絶望的です(つまり筆者は以前洗濯機に回してしまったのです、とほほ)。

というわけで万が一に備えて防水ケータイなんて機種もニーズがあるわけですが、そもそも「水に沈まなければ被害は最小に住むのでは?」などと素人考えで思ったりするのです。

沈まないケータイ、浮くケータイ、ステキですね。
浮力が強ければ、ケータイに乗って忍者のように水面をスイスイと歩けるかも。
水だけに、スイスイ(水々)。
…………
………
……

歳かな、自分。


変身

変身

変身ヒーローが変身する際に利用するベルトなどのグッズ。
科学的にどういう構造になっているかイマイチよくわかりませんが、弊国はもの作りの国・日本。
きっとアレ的な機能をもったケータイもそのうち作られるはずです。

悪の組織と戦うヒーロー、いいですね、男の憧れです。
そういえばサラリーマンにとっての「悪の組織」は何なんでしょう?
注文頼んだのになかなかやってこない宅配サービスとか?
「おいおい、こっちは金払ってるんだけどさあ。プロっていう意識あるの? 時は金なりだよ?」
と悪の組織にクレームをピシャリ。
……しょぼいですね。


ダイエット

ダイエット

我々大人にとって気になることの代表選手といえばやはり「ダイエット」でしょう。
メタボリックなマイ・腹を見る度に「楽してダイエットできる機械なんてないかなあ」と思うわけです。
そこで機能がついているケータイがでれば、そりゃあもう飛びつきます、みんな飛びつきます。
あると良いですよねー、そんなケータイ。
こう、ケータイの熱を利用して、腰回りに巻きつけてダイエットとか、できませんかね?

あ、そうそう、弊社制作のダイエット本「巻くだけダイエット」も絶賛発売中。
特別付録の骨格矯正バンドを活用して、理想のカラダを目指しましょう!
以上、宣伝でした。


証拠隠滅

証拠隠滅

コアなPCユーザー同士が集まると、一度は話題にのぼるのが「自分が死んだ後、ハードディスクのデータをどうするのか?」です。
PCは第二の自己、それはそれは、恥ずかしい、濃いい世界がぎっしり保存されているわけです。
できる事なら誰の目にふれることもなくデータが消滅してくれるといいんだけれど……、と思う人は少なくないはず。

PCですらそうなのだから、自分の人間関係がまるごとわかってしまうケータイは、色んな意味で見られては行けない情報てんこ盛りなはず。
そこで自爆機能を付けてみたらニーズがあるのではないでしょうか。
自分の脈拍が止まった瞬間、ドーンと爆発音。
あんなこともこんなことも天国に持っていく、いい日旅立ち。
ただ、そんな装置をつけている時点で、かなーり後ろめたい何かがあることは間違いないわけですが。


というわけで、実現可能かどうかはともかく、極個人的に欲しい、と思える機能をあげてみました。次世代ケータイはどんな夢を私たちに与えてくれるのでしょうか? 技術者のみなさんの発想に期待したいところです。

(文責・部屋長)

≪ コメダ珈琲店でシロノワールとカツサンドを食す | メイン | Twitter始めました。 ≫

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kwc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/132

制作BOOKs あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 IT技術ブログへ