WEBに関わるテクニカルな話を中心に、トレンド、役立つ情報、ツールやアングラニュースなどなど、WEBの現場で働く人々のチラ裏サイト。 イラスト
ワールドワイドをテンポアップ WEBもっと Powered by KWC

≪ iPhoneで、今日という日を知るアプリ3種 | メイン | Twitterを始めて3週間くらいの自分がiPhoneのアプリ6種を触った雑感を述べてみる ≫

ちょっと変わったヤフオク商品たち

恋人たちのオークション

先日、この度結婚が決まった知人と話をしていた際、「ウェディングドレスの衣装合わせに行ったらパツパツで……」と、非常にメデタ悲しい話題を耳にしたのですが、ふと、「ウェディングドレスって、購入する人いるのかしら?」という疑問が湧いてきました。

もちろん、いるはいるのでしょうが、そこは不景気な時代を生きる現代人たち。
「人生に一度っきりしか着ないものに(きっと一度きりだよね、たぶん、おそらく、一度きりだといいな……。今度こそ、これっきりにしたい……)、そこまでお金払えないよね」と考える人が多いのではないでしょうか。

でも1着数万円くらいなら、思い出のためにも、二回目があったときのためにも、買ってていいかなと考える人も少なくないはず。
そう、基本は価格次第です。

で、何かを安く買おうと考えた際、便利なのがネットのオークションです。
早速「ウェディングドレス」があるのか調べてみました。

ウェディングドレス

おお、やっぱりありました。
きらびやかなドレスたち。
きっと式を待つ乙女たちがマウス片手にニヤニヤ眺めているんでしょうねー。

でもこういうのって、サイズ合わなかったらどうするんでしょうね?
しかも女心はフクザツ。
1号下のドレスを買って「式までに、服にカラダをあわせるんだもん♪ 恋する乙女はなんでもできちゃうんだからね!」などと、フライドポテトをモリモリ食べながらのらりくらりと過ごしているうちに、式前日、2号上のドレスを買うはめに、なんて。
で、式の最中、ブチブチと教会に響くボタンが引きちぎれる音。
ああ恐ろしい、恐ろしい。

ちなみに気になったので「ウェディングドレス 中古で探したら案の定ありました。
うーむ、中古のウェディングドレス……、こう、なんというか、ねえ……。
でも花婿としては、実は中古でOKという嫁さんの方がつれあいとしてはいいのかも。
堅実そうですしね、うん、きっとそうだ。

折角なので、この勢いで「オークションで売っている、ちょっと変わったもの」についてさらりと調べてみましょう。

まずは金額的に「お!」というものから。


一戸建て

オークションで一戸建て。
買うのにはかなり度胸が必要です。

今回調べた時のラインナップでは、最高額は1億円を超えていました。
1億円、これ、代引き?
それともクレジットカードとか?
アメックスのブラックあたりじゃないと払えないような……。
というか郵送手段はなんなのでしょう? 郵パックとか?

……まあ、普通に内見して、あれしてこれしてからの契約なのでしょうが。
おそらくは宣伝が主たる目的なのでしょうね。


肉類

こちらは筆者もちょろちょろ使っている、肉類の「その他」カテゴリーです。
鴨肉や猪肉、フォアグラなど、一般的な牛や豚に分類できないような肉類をゲットできます。
普通のスーパーではこの手の肉類は手に入らないので、「ああこんなけだるい夜は、猪を食べたい、あたし」というアンニュイな気分の時に落札します。

こちらの肉類(その他)以外の食料品でお気に入りなのは、魚類のカニやマグロコーナーです。
普通市販されないようなカニやマグロの頭肉など、かわった部位や種類のものを落札できます。
ただ肉類にしろ魚類にしろ、変わった商品は点数が少ないためか、往々にして「お得感」のある価格では落とせなかったりします。
でも、なんだか日頃食べられないものを手に入れる「まで」の時間が楽しかったりしますので、気になる方はお試しあれ。


こちらは若干不謹慎なのですが、中古仏壇の検索結果です。
無論、宗教感や死生観は個々人の自由であり、他人が口を挟むことでは決してありません。
ただこういう検索結果を見ていると、色々感慨深いものがあったりします。


ドメイン

こちらは一時期、大いに流行ったドメインの転売(?)です。
ネットの黎明期、オークションでケータイ番号やドメインを販売して一攫千金、みたいな話がちらほらと散見されました。

それから幾星霜、さすがに一攫千金、という価格設定ではありませんが、今だにこういった転売を見ていると、WEB屋としては複雑な気持ちになります。
こういった、商売でドメインをとっている人がいる一方、必要としているドメインが取れない人もいるわけですから……。


修理

家電製品などが壊れたけれど、保証期間も過ぎてて修理代高いからなあ、という時に、場合によっては役立ちそうなのがこちらの検索結果。

アンド検索で製品名を入れると、意外とお手ごろな値段で修理できるプランが出てくることも。
もちろん正規のやり方以外での修理は、メーカー保証外になる可能性大ですし、治らなかった時のトラブルも心配です。
あくまでも個人の責任内で、選択肢の一つとして考えるのもありかもしれません。


ネタ

最後はこちら、その名も「ネタ」。
なんとこちら、ヤフオクの正式カテゴリーなのです(「その他」から入れます)。
その商品ラインナップは、もう、なんというか、酷いことに……。

中にはすばらしいものもあるのかもしれませんが、全体的には「触らぬ神にたたりなし」状態です。
邪推するに、どう頑張って管理し啓蒙しても、「あやしい」商品は出回っちゃうので、あえてこういう場を設けて首輪をかけておこう、ということなのかもしれません。
誰でも参加できる場だからこその大変さが垣間見られるカテゴリーです。


そんなわけで良いも悪いも色々あるヤフオク。
ヤフオクに限らず、ネット上にあるオークションサービスは、便利に使えばなかなか面白い商品もゲットできます。
ぜひ有効にご活用くださいまし。

ちなみに冒頭のウェディングがらみで「結婚指輪 中古」で検索したところ、0件だったことに、すこし安心しました。

(文責・部屋長)

≪ iPhoneで、今日という日を知るアプリ3種 | メイン | Twitterを始めて3週間くらいの自分がiPhoneのアプリ6種を触った雑感を述べてみる ≫

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kwc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/90

制作BOOKs あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 IT技術ブログへ