WEBに関わるテクニカルな話を中心に、トレンド、役立つ情報、ツールやアングラニュースなどなど、WEBの現場で働く人々のチラ裏サイト。 イラスト
ワールドワイドをテンポアップ WEBもっと Powered by KWC

≪ Twitterを始めて3週間くらいの自分がiPhoneのアプリ6種を触った雑感を述べてみる | メイン | コメダ珈琲店でシロノワールとカツサンドを食す ≫

脳を活性化させる? iPhoneミニゲーム2種

脳トレ。
そんな言葉が聞かれるようになったのは、いつからでしょうか。

爆発的に広まったのは、やはりDSで発売された「脳を鍛える(略)トレーニング」からでしょうか。みなさんはあのゲーム、やりましたか? 私はやりました。時流にのせられてついついやってしまいました。ちなみに続編もやりました。しかしいつ頃からか「今日は……まあいいか」とやらないようになり、それからそのまま時は流れて幾星霜……って、そんなことはいいんです。

ともあれ、そんなわけで脳トレというものは、主にテレビやゲームなどの分野で活躍するようになりました。けっこう認知度も高く、既に一般的な単語(?)になったといってもいいのではないでしょうか。カッコハテナがついてしまったのはご愛敬です。お茶目です。見逃してください。

さて、今日ご紹介するのは、そんな「脳を活性化させる」感じのゲーム2本。

目覚まし漢字
まず1本目は、「目覚まし漢字」。(iTunesが開きます)

ずいぶんかわいらしい起動画面ですが、舐めてかかってはいけません。

目覚まし漢字
これは、ずらりと並んだ同じ漢字の中から、違う漢字を見つけ出してタップするというゲームです。目をこらし、見比べて、ピンッときたらタップします。この辺ならばまだまだ余裕。残り時間もたっぷりあります。

目覚まし漢字
脳味噌の凝り固まっている私は、この辺になるとだんだん苦しくなってきます。どれも同じ漢字に見えるんだよ! 違う漢字なんてあるのかよ! と逆ギレしたくなってきます。困ったものです。そうするうちに時間もじりじりなくなってきて、

目覚まし漢字
タイムアップ。がっくり。
今のところの目標は、レベル20を越すことです。……ううん、本当に脳味噌が凝り固まってるなあ。

目覚まし漢字
さて、ところでなぜこのゲームが「『目覚まし』漢字」、なのかといいますと。なんと、目覚まし機能がついているからなんですね。「目覚ましが鳴るまで」の時間をセットして就寝し、時間が来たら──ゲームをやるまでアラームが止まらない。朝っぱらから脳トレ脳トレです。


目覚まし漢字
さて、ご紹介するゲーム2本目は、「Flash ANZAN」。(iTunesが開きます)

その名の通り、暗算をするだけのアプリです。暗算について説明は必要ありませんよね? 画面に次々と現れるいくつかの数字を合計して、答えを出すゲームです。

目覚まし漢字
まずはスピードのレベルと、数字をいくつカウントするかセッティングします。ランダムなんて項目もあります。自信のある方は、スピードレベル5のランダムで挑戦するのがいいでしょう。私なんぞはしょせんレベル1の数5です。

目覚まし漢字
こんな感じでぱっぱっと数字が現れていって、

目覚まし漢字
答えを尋ねてきます。入力入力っと。

目覚まし漢字
正解。やったー! ──と思ったら、すぐに次の暗算が始まります。そして暗算は延々と続きます。やってもやっても終わりません。だんだん脳味噌が鈍ってきます。ちょっとした苦行です。このゲームって、クリアはあるんですかね?


なにはともあれ脳トレになりそうなゲーム2種、お試しください。

(文責;桶)

≪ Twitterを始めて3週間くらいの自分がiPhoneのアプリ6種を触った雑感を述べてみる | メイン | コメダ珈琲店でシロノワールとカツサンドを食す ≫

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kwc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/93

制作BOOKs あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 IT技術ブログへ