WEBに関わるテクニカルな話を中心に、トレンド、役立つ情報、ツールやアングラニュースなどなど、WEBの現場で働く人々のチラ裏サイト。 イラスト
ワールドワイドをテンポアップ WEBもっと Powered by KWC

≪ iPhone 3GSの重さと厚さについて、役に立たない考察 | メイン | 図解・3食好物だけを食べても太らない量はどのくらいか? ≫

第16回東京国際ブックフェアというかブック・デジタルフェア的な

デジタル

弊社、サイト等でも告知していますが、来る7月9日から始まる「東京国際ブックフェア」に参加いたします。
詳細はこちら

昨年も参加いたしましたが、今年も、ということでただいま準備中。
はたして無事、その日を迎えられるのでしょうか、それは中の人たちのがんばり次第ということで。

ところでこちらの展示会、招待状や会場マップをお持ちの方はわかるかと思いますが、「ブックフェア」という割には書籍以外の展示物も多くなっています。
その最たるものは「デジタル パブリッシング」で、結構なスペースに結構な数の企業様が入られています。

もはや「出版不況」などという言葉は古く、時代の流れの中で旧来の出版物が「そのままの形」では繁栄を保つことが難しい、というのは周知の事実。
だからこそ出版界が新しい流れに挑むという姿勢は実に良いことに思えます。
かくいう弊社もWEB専門も部門がございますし、メディアは輻輳的になりながら、これから先の時代を生きていくのだなあ、としみじみ。

ところでデジタル パブリッシング、という言葉を聞いてまず思いつくのが、「電子書籍」でしょう。
電子書籍をめぐるニュースと言えば、ソニーと松下が撤退したといったような暗いニュースが多いように思えますが、実はAmazonの動きであったり国内の電子書籍市場の成長であったりと、明るいニュースも多々あります。

ケータイ市場で言えば、インターフェイス的にもiPhoneなどのスマートフォンとのマッチングもよく、また、アンドロイドケータイなど世界的に標準化されたOSの中でコンテンツビジネスを広く展開できる可能性もありと、意外と先行きは明るいようにも思えます。
もちろん全てが上手くいく予感だけではなりませんが、何はともあれ「良いコンテンツは残っていくもの」という想いを胸に、荒波吹きっぱなしの業界で出色したものを作れるよう頑張っていきたいものです。

会場にお越しの際はぜひ弊社ブースまで! お待ちしております。

≪ iPhone 3GSの重さと厚さについて、役に立たない考察 | メイン | 図解・3食好物だけを食べても太らない量はどのくらいか? ≫

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kwc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/74

制作BOOKs あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 IT技術ブログへ