WEBに関わるテクニカルな話を中心に、トレンド、役立つ情報、ツールやアングラニュースなどなど、WEBの現場で働く人々のチラ裏サイト。 イラスト
ワールドワイドをテンポアップ WEBもっと Powered by KWC

≪ 新型iPhone「iPhone 3G S」のお値段関係まとめ | メイン | 茨城県でカートに乗りファミコンを手に入れる ≫

iPhone3G Sも出るということで、オススメアプリの紹介などをしてみます。

さて、iPhone3G Sの登場も間近になり、ますますヒートアップしているiPhone業界ですが、林檎信者であるわたくしはもちろん、数ヶ月前からiPhoneを所有しております。ちなみに昨日、バージョンも3.0へとアップデートいたしました。……アップデート? なにそれおいしいの? 状態だった私に、同僚が懇切丁寧に教えてくれたことなど忘れました、ええ忘れましたとも。

さて、そんなiPhoneですが、メールやネットはともかく、ここ数ヶ月所持してきて、自分が一番活用しているアイテムはなにかな? と考えてみました。
考えるまでもありませんでした。

iphone画面
これ。
iXpenseltという、お小遣い帳──もとい、家計簿アプリです。

たとえば皆さんが、家計簿でもお小遣い帳でもかまいませんが、つけることにします。
──自動販売機でジュースを買った120円、覚えていますか?
──切符を買ったりした360円、コロッと忘れてはいませんか?

家計簿をつけるとなると、頼りになるのはやはりレシートです。すると、そういった細かい小銭、レシートに残っていないお金がポロポロこぼれ落ちていくことになってしまいます。その結果が、「今月も金額があわなかった、ムキー!」となるわけです。

ですが、iXpenseltは違います。なにせiPhoneに入っているのです。iPhoneは携帯電話です。つまりモバイルです。いつも持ち歩いているのです。つまり、いつでもどこでもお金を使ったその時に、その場で、サッと金額を入力してしまえるわけです。どうです、この有用さ!

起動画面
起動画面。現行バージョンは2.4,1。
こまめなバージョンアップでどんどん使い勝手が良くなっていっています。

6月某日
6月某日の私の出費。外食中心です。辛うじて朝食だけは自炊しました。なんということでしょう、夕食後におやつなんぞ食っております。たぶんなにかに浮かれて調子こいてデザートでも食べたのでしょう。
こんな感じで、1日ごとに出費が管理できます。項目はカテゴリー>詳細にわかれていて、かなり細分化されています。それだけではなく、カテゴリーやその中の詳細は自作可能なので、「生活>郵便」なんて項目を作ることもできます──ただしその項目、郵便を出しに行った切手代80円(1度)しか使ったことがありません。

カレンダー
日付の前後に入っている矢印マークををクリックすると前後日の出費が見られたり、カレンダーのマークをするとそのまんまカレンダーが現れて、好きな日を選択できるなど、操作性はバツグンです。これもまたiPhone──というかAppleらしい、直感的な操作が可能です。

レポート
また、なによりも便利なのが、レポートで指定した日から日までを表示してくれること。6月も半ばですが、この半月の出費を見てみましょう。まずは棒グラフ。

棒グラフ
カテゴリーの集計結果です。色分けされていて見やすい。

棒グラフ2
さらに、カテゴリーの棒グラフのひとつをクリックすると、そのカテゴリの中身の詳細まで見ることが可能です。ああ、こんなに無駄遣いしてる……しかもこんな項目か……と軽くヘコむことが可能です。私は毎月ヘコんでいます。だったら無駄遣いをやめればいいのでは、という建設的なご意見もおありと思います。私も理性ではわかっています。ですが本能の暴走が止められないのです。

円グラフ
ちなみに円グラフの表示も可能。

その他にも、1月に使用する予算を設定してそこから引き算してもらうやり方もあるとか、ビジネスとパーソナルでの出費をわけられるだとか、通貨換算までできるとか、カメラがついていて写真も直接撮れるとか、オススメポイントには事欠かないアプリに仕上がっております。これからのバージョンアップでどうなっていくのか、それがまた楽しみです。

ただ、しかし。
今まで無計画にお金をばらまいてきた人は、ヘコみます。
本当にヘコみます。心の底からヘコみます。そうして、「あのゲーム、買おうと思ってたけど、5000円もするんだよな……」だとか、「外食するにもちょっとでも安くあげたいよな……」だとか、お金に関してちょっとだけ自分に厳しくなります。
まあ、それでも結局、買いたいときには「ストレス発散!」とばかりに買ってしまうんですけどね。

ともあれ、iXpenselt。iPhoneアプリの中ではイチオシです。

ちなみに無料バージョンはこちら「iXpenselt Lite
それでも飽き足らなくなったら有料バージョンをどうぞ「iXpenselt
(文責:桶)

≪ 新型iPhone「iPhone 3G S」のお値段関係まとめ | メイン | 茨城県でカートに乗りファミコンを手に入れる ≫

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.kwc.co.jp/mt/mt-tb.cgi/35

制作BOOKs あわせて読みたいブログパーツ にほんブログ村 IT技術ブログへ