毎日忙しい人のために、ささっと作れる簡単でおいしいおうちごはんを提案。
手抜きに見えないスピードメニューを紹介します。

プロフィール

写真
柳澤英子。「手早く作れるらくちんで美味しい料理」が好評で、多くの女性たちの支持を集める。著作は20万部超のロングセラー『ひとりごはん』『ふたりごはん』(ともに西東社)など。

2011年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2010年9月13日

チキンカレー

100912_1349051.jpg

久しぶりにゆっくりできた日曜日。
チキンカレーを作りました。

骨付きチキンを、塩、こしょう、おろしニンニク、
カレー粉、ビンダルウペースト、ヨーグルトに3時間
ほど漬けます。

ギー(インドの植物性オイル)にスパイスを入れて熱し、
タマネギを炒め、チキンを加えてさらに炒めてから、
水1カップ、ニンジンを加えて、コトコト。
あとはじっくり煮込むだけ。

テクニックいらず。時間がおいしくしてくれるカレーです。

2010年9月 6日

ブロッコリー入りチーズクリームパスタ

namahamupasuta.jpg

マスカルポーネチーズとブルーチーズに、
ブロッコリーと一緒にゆでたスパゲティを加えて
あえました。生ハムをトッピングして、
食べる直前に粗挽き黒こしょうをふります。

チーズは「うそ!」な感じの大量投入。
やはり、たっぷり使わないとおいしくない。
たまには。そう。たまには、いいですよね。

2010年8月17日

夏の焼きうどん

100813_0821491.jpg

相変わらずイケメン、いや、麺類好きの我が家。
焼うどんの夏バージョンです。

具は、チョリソソーセージ、ゴーヤ、ナス、タマネギ。
塩、こしょう、ナンプラーで味つけました。
ナンプラーはなくてもいいのですが、
あるとより夏っぽい仕上がりになります。
レモン汁を絞ってから食べると、大変美味です。

今回はすりゴマをふりかけましたが、
一味唐辛子もおすすめ。
私は一味たっぷりの激辛! が好きです。

2010年8月16日

ゴーヤの南蛮漬け

100816_0935481.jpg

ベランダ菜園で、今年はゴーヤが豊作。
毎日が収穫日である。
夫が丹精こめて作ったゴーヤは
毎朝キッチンに届けられる。

消費が追いつかない。

というわけで、スライスして1日ほど
天日に干し、さくっと揚げて南蛮酢に漬けた。
これで、ゴーヤが大量消費できる。
ついでにわんさか実ったプチトマトも同様に。

南蛮酢に漬けて1〜2分で食べられる。
常備菜にもなる。
何より、おいしい!

2010年8月13日

野菜&くみ豆腐カレー 

100812_0900501.jpg

キッチンに長時間たっているのが辛い季節。
カレーの具を炒めていると汗だくになったりしませんか。

しかし、今回のカレーは炒めない!

鍋に少量の油と切った野菜を入れて、少し
塩をふり、ふたをして弱めの中火にかけます。
2〜3分したらふたをはずしてひと混ぜし、
水とカレールウを加えて5分ほど煮ればOK。

最初からふたをするので熱気を避けられます。
油はねもなし。野菜もおいしい!

せっかく具を野菜のみでヘルシーにしたので、
トッピングはくみ豆腐(とろとろに柔らかい
お豆腐です)。これが本当によく合います。
ゆばでもいいですね〜。

野菜はタマネギとキノコ類は必ず。他は
アスパラでもキャベツでもジャガイモでも
何でもいいんです。おすすめ〜。

2010年8月12日

機嫌取りのナポリタンスパゲティ

100811_0944071.jpg

枯れた感じの献立が続いて、テンション低め。
夫のリクエストもあり、ナポリタンスパゲティを
つくることに。しかし、昔懐かしいあの味を
再現するとなると、カロリーオーバーしそう。

そこで、トマトケチャップの量を減らして
プチトマトをプラス。具のタマネギ、マッシュルーム、
ピーマンを多めにイン。コク出しのバターや牛乳は
使わずに仕上げました。ドライパセリををふって、
ま、なんとか、なんとか。
ナポリタンのていを成している感じでしょうか。

さぱりしているけれど、野菜のうま味が出ていて
とってもおいしかったのでした。
夫の機嫌もよくなりました。単純でよろしか。

2010年8月11日

レンコンとシイタケの蒸し焼き

100810_0844221.jpg

切って水にさらしたレンコンをフライパンに
並べ入れ(水がついたままでok)、サラダ油を
少し振り入れてふたをして中火にかけて5〜6分。
ふたを外して焦げ目がついたらでき上がり。
シイタケは途中で割り込み投入。

蒸し焼きは野菜のうまみが凝縮される感じ。
しょうゆをかけても、塩をふっても、何かの
ソースをつけてもおいしいです。

蒸し焼き、キンピラゴボウ(切るのが
面倒なので、たたいて手で縦にさきました)、
チンゲンサイのおひたし、納豆、キュウリと
塩昆布の即席漬けを食卓に並べ、「ご飯だよ」。
自信満々、ヘルシー献立なのです。

ところが、お腹を空かせて席についた夫。
「ほお」と、うれしそうな顔をしたつもりが、
微かに「残念!」の表情が。。。。

「ソーセージ、焼く?」と聞いたら、
即「ぜひ!」との答え。
「ケチャップ、つける?」と問えば、
「もちろん!」とにっこり。

コレステロール値など、もろもろほんの少し高いのにな〜。
ヘルシー攻め一辺倒ではうまくいかない。
ひと口ごほうびプラスで乗り切ろうと思います。

Pick Up

妄想庭園
Webもっと
KWC制作物リスト

柳澤英子の本