毎日忙しい人のために、ささっと作れる簡単でおいしいおうちごはんを提案。
手抜きに見えないスピードメニューを紹介します。

プロフィール

写真
柳澤英子。「手早く作れるらくちんで美味しい料理」が好評で、多くの女性たちの支持を集める。著作は20万部超のロングセラー『ひとりごはん』『ふたりごはん』(ともに西東社)など。

2011年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

2010年10月28日

肉豆腐を簡略化

101026_0912121.jpg

これまでは、肉とタマネギを炒めてから
汁と調味料を入れ、豆腐を煮ていましたが、
このたび、簡略しました。

フライパンにタマネギ、肉、焼き豆腐を入れ、
調味料(酒、みりん、しょうゆ各大さじ2、
砂糖小さじ1)を加え、ふたをして中火に5〜6分かける。

これだけです。豆腐と野菜から水が出るので、
焦げません。器に盛り、少し冷ましてから食べます。

辛味が好きなので、一味唐辛子をふっていますが、
これはお好みで。

2010年10月22日

米粉で揚げ野菜

101022_1105461.jpg

舞茸には米粉をまぶし、
ゴボウとサヤインゲンは、米粉と
水を加えてかき揚げ風に。

油は大さじ4〜5ほど。小さなフライパンの
底が隠れるくらいの量があれば、
しっかり「揚げた」状態になります。

米粉でカリッと揚がります。
塩をふって、レモンを搾っていただきます。

野菜の甘みが凝縮された味わいです。

2010年10月21日

拍子抜けするほど簡単な大根もち

101017_1240081.jpg

大好きな大根もちを手作りで。
しかし、本格的に作るとなると時間がかかる。

そこで、細切りにした大根を電子レンジで加熱して
水、上新粉、片栗粉、塩、砂糖、
ハムと長ネギのみじん切りを加えて生地作り。
(本来は干しえびや干しシイタケを戻して刻んで
入れます)

これを
(1)ごま油を熱したフライパンに直接入れて
お好み焼きのように焼く。
(2)耐熱容器に入れて電子レンジで加熱し、
冷ましてから切り分けてごま油で焼く。

  の、2通り試してみました。

どちらも、おいしい。でも(2)は冷めてからでないと
切れないので、やはり時間がかかる。夫に試食させたら
(1)のほうが好き! ということなので、
いちばん簡単でいちばんおいしいのは(1)の
タイプに決定! ハム以外にもチャーシューやカマボコを
使ってもおいしくできると思います。

2010年10月18日

丸ごとタマネギロースト

101017_1013121.jpg

紫の花、2輪。紫タマネギを丸ごとローストしました。
上下を少し切り落とし、十字に切り込みを入れ、
オーブンで200℃1時間。
時間はかかるけれど、放っておけるのでラク。

粗塩をふって、オリーブオイルをかけ、
粗挽き黒こしょうをふれば、ごちそうです。
タマネギの甘みが凝縮されて、とろとろおいしいです。

2010年10月15日

残りカレーのドリア風

101015_0815401.jpg

残りカレー。1人前にしては多く、2人前に
しては少ない。というわけで、ドリア風にアレンジ。

耐熱容器にごはんを盛り、キャベツの千切り、
スライストマト、カレー、ピザ用チーズ、卵、
パルメザンチーズの順にのせ、
オーブントースターで7〜8分。
仕上げにドライパセリをふって出来上がりです。

香ばしいおいしさと、プラスした野菜の
フレッシュな味わいがいい感じです。

2010年10月14日

取り寄せカレープラス

101014_0910281.jpg

時間がないときは、取り寄せしたレトルトカレーで
ひと皿。野菜が少ないので、シメジとオクラを
電子レンジで加熱してプラスしました。
一緒に混ぜて煮るより、簡単でおいしいです。

ごはんは、米にトウモロコシの
粗い粉を加えて炊きました。
甘みが出て、こちらもおいしくできました。

2010年10月13日

カボスのコンフィチュール

101013_0826351.jpg

連休を利用して九州に行ってきました。
レンタカーのナンバーが「42-94」で、
少々びびりましたが、何事も無し。

由布院で買った「カボスのコンフィチュール」は
甘さ控えめで素材の味わいがよく、見た目もキレイ。
ホウレンソウとベーコンのソテー、トマトとオクラの
サラダとともに、ライ麦パンで朝食です。

前の晩は、馬の刺身用の肉をたたきにして食べました。
こちらもとてもおいしくいただきました。
牛のたたきより、こちらのほうが好きかな〜。

Pick Up

妄想庭園
Webもっと
KWC制作物リスト

柳澤英子の本