毎日忙しい人のために、ささっと作れる簡単でおいしいおうちごはんを提案。
手抜きに見えないスピードメニューを紹介します。

プロフィール

写真
柳澤英子。「手早く作れるらくちんで美味しい料理」が好評で、多くの女性たちの支持を集める。著作は20万部超のロングセラー『ひとりごはん』『ふたりごはん』(ともに西東社)など。

2010年5月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

≪ 2010年3月 | TOP | 2010年5月 ≫

2010年4月のレシピ集

2010年4月27日

常備菜かな?

ザワークラウド.jpg

野菜が中途半端に残ってしまいました。
キャベツが1/6個、ミニトマト4個、水菜2株。
鶏のささみももう食べなくちゃ。
でも、今週は家で食べる機会が少なくなりそう。
ひもちするおかずにしておこう、というわけで、
残り野菜とささみをオリーブオイルで炒め、
砂糖、塩、こしょう各少々に酢を大さじ2ほど加え、
10分煮ました。ザワークラウドみたいな感じです。
水菜はなくてもいいです。
やはりこの味付けはキャベツによく合います。

2010年4月26日

ナッツとドライフルーツのケーキ

パウンドナッツ.jpg

休みの日のおやつ。ナッツとドライフルーツのケーキです。
薄力粉250g、ベーキングパウダー4g、牛乳180g、卵1個、
砂糖100g、バター60g、塩3gに、ナッツとドライフルーツを
多分80gほど入れたかな。

ホイップクリームやハチミツソースもいいけれど、
クリームチーズもよく合います!
パンにぬるタイプのクリームチーズなら、
冷蔵庫に入れていても柔らかいままなのでとっても便利。

2010年4月20日

風邪をこじらせておじや

おじや.jpg

先週、すっかり風邪をこじらせてしまい、
1週間ほど寝込んでいました。

そのときのおじや。

これまで「おじや」と「雑炊」の違いとは? の原稿を
何回書いてきたことでしょう。定番ネタで、既に知っていることとはいえ、
今までの常識が覆されることもあります。これからも、
毎回調べ直して原稿を書くこと、その大切さを忘れずにいようと思います。

で、病気のときはやはりおじや。汁気が煮詰まるまで
ごはんを柔らかく煮て、卵でとじました。しみじみおいしいです。

しかし。
こんな食事で過ごしていたのに、ちっともやせなかった。

2010年4月19日

ホウレンソウのケーク・サレ

サレホウレンソウ.jpg

本日もケーク・サレなり。一般的なホウレンソウのケーク・サレは
色や風味づけのためにホウレンソウのピュレを大さじ2〜3しか
使いません。でも、今回はホウレンソウを食べるためのケークに
したかったので、1/2束たっぷり入れています。これにベーコンと
クルミをプラスして、うまみや食感をアップ。
使う油もグレープシードオイルにして、ヘルシーに仕上げました。

2010年4月16日

ケーク・サレ 具がいっぱい!

ケークサレ.jpg

「会議続きで忙しいので、合間にかじれるお弁当にしてほしい」
という夫のリクエストにより、具だくさんのケーク・サレを
作りました。焼き時間は30分かかるけど、混ぜるのは5分以内。
朝焼いて、焼きたてを持たせられるのがいいですね。

具はタマネギ、赤・緑ピーマン、チーズ、ハムで、
ギリギリの量を入れました。どこをかじってもおいしいです!
夫から「おいしかった」!感激!」のメールがきました。そうか。

そんなに気に入ったのなら、と、
翌日、残ったものを焼き直して出しました。

「う〜ん、やすい!」とうなる夫。

そこは「うまい!」というべきではないか???

2010年4月 8日

新じゃがと新タマのキッシュ

キッシュ.jpg

キッシュです。冷凍用保存袋を使って材料を混ぜ、そのままのばしました。
キッチンも手も汚れず、快適。しかも、のばすのが上手にできます。

※この生地の作り方は、弊社編集の
「おうちでかんたん キッシュとタルト」(三宅郁美著/辰巳出版)に
詳しく掲載しています!!

今回は、全粒粉を使っているので、生地の色が濃く出ています。
また、牛乳と生クリームのかわりに「濃い」豆乳を使いました。
チーズはピザ用とパルメザン(粉)の2種です。

ホントにおいしい! 

2010年4月 5日

「赤」を食べる

ラムチョップ.jpg

ラムチョップのグリルです。付け合わせも
一緒に焼いています。塩、こしょう、ガーリックパウダー、
ドライパセリで味と香りをつけます。

美容のためには「赤(茶)の食べ物を積極的にとろう!」。
 というわけで、肉はヒレ、マグロは赤身、野菜はトマトを
意識して食べるようにしています。でも豆腐の「白」も
大好きなので、日々「紅白食卓」を楽しんでいます。

2010年4月 2日

米粉ヨーグルトパン(手抜き)

ヨーグルト米粉.jpg

キッチンが粉で汚れることなく、こねることもなく、
なんだか罪悪感を感じるほど手抜きをして焼いたパンです。

冷凍用ポリ袋をボウルにかませてスケールに置き、
袋に米粉50g、薄力粉200g、砂糖小さじ1、塩少々を入れる。

ぬるま湯1/2カップにドライイースト小さじ1を入れて混ぜ3分ほどおく。

(ここから目分量で大丈夫)
粉を入れた袋にプレーンヨーグルト1カップ、イースト入りぬるま湯を
加え、袋の上からよくもむ。オリーブオイル大さじ1も加えてもみもみ。
よく混ざったら、袋の下の一角をハサミで三角形に切り、
型にギュギュッと絞り出す。20分ほど40℃で発酵させ、180℃で25分焼く。

生地のかたさはソフトクリームのイメージ。ボウルに入れて混ぜ、
スプーンなどですくって型に入れてもいいのですが、今回は、
粉が散らばるのをとてもとても避けたかったのです。
米粉を使ったのは、ちょっと残っていたから。全部薄力粉でもいい。
試作っぽい作り方でしたが、おいしくできてラッキー!!!

Pick Up

妄想庭園
Webもっと
KWC制作物リスト

柳澤英子の本