2010年2月 2日

【WEB】遅まきながら……。

各種メディアは、どこもかしこも“Twitterが流行りだ!”と喧伝している。
昨年の夏ぐらいに一度、試してみたのだが面白さがわからず挫折……。
弊社も「Twitter」を使っての情報発信を始めたこともあり、もう一度トライしてみた。

続きを読む "【WEB】遅まきながら……。" »

投稿者 ぴろりん : 23:59

2009年6月19日

【WEB】Budda And Roll

今巷では空前の仏像ブームだそうですね。
 
阿修羅像や弥勒菩薩像などの
いわゆるイケメン仏像達が女性達にアイドル並みの人気を誇っているという事で、
上野で開催されている「国宝阿修羅展」なんかも連日大盛況のようですね。
まあ確かに「偶像崇拝」という意味では、仏像をアイドル視するのは
ごもっともな気もしないでもないですが、
戦国武将といい、最近は何でも“イケメン”が付けばブームになるんですねえ。
 
ちょうど今仏像本の企画も持ち上がっていた事もあって
ネットで検索したり仏像本を漁ったりしてみたんですけど
確かに言われて見てみると仏像って結構端正なお顔立ちをしています。
ガテン系もいれば、ジャニーズ系、草食系、ビジュアル系・・・などと
タイプも様々です。
 
う~ん。これは今にイケメン仏像を集めたアイドルユニットが
登場してもおかしくなさそうだなぁと思っていたら、
こんなサイトを見つけてしまいました。

仏像イケメンズ★ザ・IKEMENSのすべて★【イケメンズ・オフィシャルサイト】


サイト自体は、文芸・芸術研究科であるカジポン・マルコ・残月さんという方が
運営する「文芸ジャンキーパラダイス」というHPの1コーナー。
仏像をテーマに架空のバンドと彼らを取り巻く音楽シーンの内情が
詳細に描かれています。
 
空也上人(ボーカル)、釈迦(ギター)、帝釈天(ベース)、迷企羅神(ダンス)、
阿修羅(ドラム)から成る仏像ロックバンド、その名も“イケメンズ”。
ガンジスレコードに所属し、奈良・京都を拠点に活動中。
只今絶好調の注目バンド!
・・・らしいです。
 
メンバーだけでなく、レコード会社スタッフ、ファン、ライバルバンドの数々まで
総勢約40体。全て仏像で構成する手の凝り様。
果てはロダンやダビデなどの海外芸術作品まで登場するワールドワイドっぷり。
地味にビートルズも登場(?)してます。
登場する仏像全てがうまいこと擬人化してあり
仏像ミュージックシーン(??)のリアルな現状を垣間見る事ができます。
 
写真に付随したコメントも秀逸で、神々しいはずの仏像達の格好やポーズを
コミカルに楽しむ事ができるのも魅力です。
何より登場する仏像達が生命を吹き込まれたかのように
生き生きと躍動しているのが伝わってきます。
特に阿修羅がドラムを叩く様は鳥肌モノ!一見の価値アリです。
 
なんて大袈裟に書いてはおりますが
要は良くできたパロディなので
冗談半分で楽しむのがベストかと思います。
日々の仕事に疲れたら
ちょっと一息仏像ブレイク、なんていいんじゃないですかね。
 
仏像に限らず
擬人化して楽しむ事ができるジャンルのモノは
今後もブームが起こりそうなので、
地道に追いかけていこうかなと思います。
次は土器・埴輪ブームとかこないかなぁ・・・。無理か。
 
ちなみに「イケメンズ」という名前のユニットは
実際に存在するらしく、
仙台で活動しているようです。

「IKEMEN'S」 
 
スゴい勇気のあるネーミング・・・。
是非サクセスしてほしいですね。
 
担当は千葉人でした。

icon-chibajin.jpg


投稿者 千葉人 : 12:00

2009年4月13日

【WEB】Gwyneth Paltrow

アカデミー賞女優で、二人の子を持つ母親でもあるグウィネス・パルトロー。
そんな彼女が昨年9月に始めた、ライフスタイルを提案するサイトが、
GOOP(http://goop.com/)。

サイト名は、彼女のイニシャルから派生したニックネームで、
何の意味も持たせたくないけれど、どんな意味にもなりうるように付けられたそうです。

週に一回、make/go/get/do/be/seeというセクションに分けて更新されるページには、7日間のダイエットレシピや、彼女とその土地のエピソードも添えた
パリ、NY、ロンドンのおすすめレストラン/ホテル、ファッションや
子育てについてなどのアドバイスが載っています。

アメリカでは、いろいろと非難され嘲笑もされている何かと話題のサイトのようですが、

(「Emma エマ」「恋におちたシェイクスピア」で完璧なイギリス英語の発音を
披露していい家出身の気品のある女性というイメージがあるだけに、
なぜ料理の分野にまで手を出したり、贅沢な暮らしをひけらかす必要があるのか?
などという意見もあるようで…)

個人的には、彼女が一緒に仕事をしたり、崇拝しているビッグネーム監督の
おすすめレンタルDVDリストなどの記事が興味深いです(スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、ウェス・アンダーソン監督が!)。
全体的に「へぇ~ハリウッドセレブはこんな感じか~」と楽しめます。

セレブはどんなものが好きで、どんなことをしていて、どんなものを食べているのかは
雑誌などでも人気のネタ。たとえ非難はされていても、女優業だけでなく、
現在「TOD'S」「エスティ ローダー」の広告モデルとしても活躍する彼女が発信するものの中には興味を引く内容もあるはず。

遠い存在の人だからこそ、 ブログを通してその人の人生観や生活感を感じ取れるのは新鮮です。

本国では、叩かれているサイトですが、
このサイトがどんどん進化して成長していったら、
海外セレブの彼女のブログ本を追加インタビューなども加えて出してみたいです。

目指せ、アメーバを超えた世界のブログ本です!

担当はシカゴでした。


シカゴ

投稿者 シカゴ : 18:30