2009年4月10日

【植物】ベランダ菜園

こんにちは。妄想庭園ということで、現在の私の脳内の7割を占めているベランダ菜園について書いていきたいと思います。

昨年、ベランダが広い部屋に引っ越したため、ベランダ菜園を始めました。私の実家では畑を作っているので、その様子を見ていた私はまぁなんとかできるだろうと思っていました。しかし、それがみごとに惨敗。きゅうりの苗は3本植えたにもかかわらず、実は1本しか取れず、ゴーヤは親指程度で成長が止まり、枝豆にいたっては植えた豆を鳩に食べられてしまいました。

今年は、そんな失敗はしないと、鉢植えに最適な初心者向けのミックスリーフと二十日大根から初めてみました。ミックスリーフとはルッコラ、ミニエンダイブ、ミニシュンギクなど小さめの葉ものを混ぜたもので、簡単にできる上に長く収穫できるとのこと。また、二十日大根は早くできるらしいのでさっそく植えてみました。

P1010457.JPG


1週間もするとこんなに続々と芽を出してきました。

P1010475.JPG


こうなると一日一日その成長がとても楽しくなります。と、思ったら、なんだか小学生の頃にむりやりやらされていた朝顔の観察を思い出しました。朝顔の成長を絵に描いて残していきましょうね、というものだったとおもいますが、絵が苦手な私には苦痛でしたし、毎日水をあげて花の数を調べてというのが面倒だったのです。
しかし、今になってみると植木鉢や種はそろっているし、育て方は先生が教えてくれると至れり尽くせりなんですよね。今ならそんな家庭菜園キットが欲しい。絵を描かなくとも写真を写したら自動的に絵日記風に仕立ててくれるキットが欲しい。そう思います。そんな分冊があってもいいですよね。「週刊・ベランダの四季」。毎週植え時の苗とわかりやすい解説が付いているようなもので、もっというならば定期購買者には畑ひとつ(家の近くで)が付いて、キャンペーン中は草取り特典があって、全冊買い集めると野菜の成長記録を1冊の本にまとめてくれるような雑誌、いいと思いませんか? 最近のベランダ菜園ブームも後押しして、そんな雑誌ができればいいな、なんて思っています。

ところで、ベランダ菜園人気を受けて菜園便利グッズが続々とでているようで、私が最近買って便利だったものがこちら。

P1010477.JPG


ペットボトルの口に合わせたジョウロの口の部分です。これがぁ? と思う方もいるかもしれませんが、ジョウロって意外と高いし、あまり大きなものは不要なのでちょうどいいものがなかなか見つからなかったんです。これで毎朝晩水を上げるのが楽しみなんですね。
始めてみると意外にハマってしまうベランダ菜園。みなさんも簡単にできる葉っぱものから始めてみてはいかがでしょうか。

担当は飯こでした。

飯こ

投稿者 飯こ : 17:37