2009年4月24日

【旅】日本一のツワモノなり!

どうも、くぎやんです。
春ですねー。高速道路が1000円ですねー。ドライブですねー。
聖地巡礼ってご存じですか??
聖地を巡る宗教行為っていう、アレです。
サブカルフィルターを通すと、作品のゆかりの地を巡る旅、っていうことになります。
有名な「聖地」は、TVアニメ「らき☆すた」の埼玉県鷺宮市の鷺宮神社ですね。この近所にあった原作者の家も、現在は資料館になっています。
聖地巡礼が地域活性化に一役かっているというわけです。

今回はそんなオタクの聖地をご紹介!! っと思ったんですが、聖地巡礼の醍醐味は、作中に出ているものと同じ名前のものや、場所を見つけてニヤリとする…、いやいや、同じ世界を感じるってところにあるので、作品を知らないと、何がなんだかってことになりかねません。

っというわけなので、同じ聖地巡礼でも歴女な聖地巡礼をご紹介します!

さて、この「歴女」ってご存じですか。
歴史が好きな女性のことだそうです。狭義では、武将が好きな女性を指すようです。
メディアでは後者の意味で使われています。
ワタクシ、どうやら分類上は「歴女」のようです。
個人的には「歴女」って、なんだか担がれてる気がしてイヤなんですが…。
他にいい言葉があるわけでもないので、この名称を使っていきます。

好きな武将は、戦国時代に限ると真田幸村、石田三成、大河ドラマ「天地人」の直江兼次。
この3人をセットで書くと、にわかファンに見えるのが切ない今日このごろです。
あと、うちの田舎(大分)の殿、大友宗麟。
近代まで範囲を広げると、伊藤博文かな…。


歴女の生い立ちはおいおいご紹介するとして、せっかく春なので、歴女な聖地巡礼に出かけたいと思います!
このブームに乗り遅れちゃなりませぬっ


史跡巡って、おいしいもの食べて、ついでに温泉!な「千里を走る 歴女ツアー!」にレッツゴー!!


続きを読む "【旅】日本一のツワモノなり!"

投稿者 くぎやん : 11:56

2009年4月 8日

あなたのオタクライフを応援します。

09年1月に入社しました、くぎやんです。

第三制作部所属。毎月、月刊スカパーのアニメ記事を編集しています。
掲載するアニメを選んだり原稿を書いたり…。
まだまだペーペーなので、みんなのお手伝いをしながら仕事を覚えているところです。
昨年末まで、アニメ業界でまったく別の仕事をしていたので、毎日が新鮮な出来事ばかりです!


☆趣味
専らオタクです。
本屋巡りしたり、ゲームをしたり、PCを弄ったりです。

◎パソコンライフ

先だって、8年愛用してきたPENⅢ自作マシンが経年疲労でクラッシュしてしまい、新しいマシンを作るべきか、思い切ってブランドPCを買うべきか、1ヵ月ぐらい悩んでます。
8年間、組み替え組み替えと拡張してきたため、ドライブ、メモリー、HDDなどなど、部品は余っている状態。オールインワンPCを買うのは得策ではないと思われますが、デザイン性では自作PCはブランドPCには勝てないので、大いに悩む。

そんな現在の私のパソコン環境↓

ごちゃごちゃな机はデフォルト

最強モバイルと名高い、パナソニック製Let's Note。
スペック、重量、操作性と申し分ないパフォーマンス。なにより、その耐久性がすばらしいです。
ステータス的には軽装兵ですが、HPだけは重装兵…みたいなマシンです。
なんと! 角落ちしても壊れない!! 
角落ちでノートPCを壊したことがある身としては、なんともありがたい耐久力です。
そもそも角落ちさせるな、とか、モバイルを裸で持ち歩くなっていうツッコミはごもっとも。
人生とは、1分1秒が不測の事態なのですよ…

この状態じゃ、もはやモバイルできないですけどね。


モバイルPCの小型化が進んでいますが、これ以上小さくなると操作性が下がってしまうので、これより小さいものはPDAで十分なのではないか、と思います。UMDPCには心惹かれるモノがありますが。
小さいPCも持ち歩くには便利ですが、すべて外付けになるのがすごく面倒くさいな、と思います。なので、ドッキングベースを作って欲しいですね。その昔、IBM製ノートパソコンにはあったと思いますが、ベースにコネクタが全部付いていて、ブスっと本体を刺すと、外部接続品につながるというアレです。
これさえあれば、モバイルPCの世界がもっと広がると思うのですが。


◎コレクター気質なのです。
これが2つ並んでもまだ収まらない


この本棚は4代目。
この構造の本棚は下方向には強いですが、横方向には意外と脆くて、入れ方を間違えるとある日突然壊れます。
気を付けたほうがいいですよ。斜めになってきたらキケン信号です。

定期的に本棚の整理をして、いる本〜いらない本〜と分類はしているのですが、いらないんだったらはじめから買ってないわけで。古本屋に売りに行ったはずが、なぜか行きよりも帰りのほうが本が多く…。結局片づかない本棚。
縦積み、横積み。ギューギューっっとぉっ!!!

収集するのが好きなので、同じタイトルがずらーっと並んでる姿が好きです。
他にも、収集しているモノがあるのですが、またの機会に。

☆KWCに入ってからの一番の発見
アニメ業界にいたので、まわりはみんな所謂オタクでした。マンガも、ゲームも、ラノベも、極々当たり前で、カラオケに行けばアニソン祭り、時間があけばみんなでモンスターハンター…。
アニメ業界がオタクが多いところである認識はあったので、業界の外はそんなことないんだろうなーと思っていました。


が。

意外とみんな、マンガ読むんだなーと…。
娯楽としてマンガが定着しているのは、サブカルを愛するモノとしてはうれしい限りです。
マンガだけでなく、いろんなサブカルも体験して欲しいですね。

☆ひとこと
悠々自適なオタクライフをご紹介していきます!
あなたがまだ知らないサブカルチャーが見つかるかもしれません。

くぎやん
担当はくぎやんでした。

投稿者 くぎやん : 12:00

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages