2009年6月 2日

【ラジオ】さよなら金髪先生

前回、マンガ『鈴木先生』について書きましたが、
改めて中高時代に自分に影響を与えてくれた「先生」って
誰だったろう?と考えてみました。

で、思い浮かんだのがこの方、
「金髪先生」ことドリアン助川氏です。
 

この名前を聞いて
「あぁ~」と共感してくれるのは
恐らく僕と同じく90年代後半に学生をしていた方々でしょう。
 

正確に言うとこの人は先生ではありません。
単に当時「金髪先生」という音楽番組を担当していたのでそう読んでいただけで、
本業は「叫ぶ詩人」でした。
歌手でも単なる詩人でもなく、叫ぶ詩人。
組んでいたバンド名は「叫ぶ詩人の会」。
戦争・世界平和・愛・ダメな自分をテーマにした詩をハードロック/パンクロックにのせて
ただただ叫びまくる相当アバンギャルドな方です。
 

そんな叫ぶ詩人が何故「影響を与えた恩師」なのか?
きっかけはあるラジオ番組との出会いでした。
 

1996年秋頃、ちょうど受験勉強も佳境に入り
毎日ピリピリしていた頃のある土曜日の深夜。
忘れもしませんよ。
つけっ放しにしておいたラジオの向こうから
野太いオッサンの絶叫と共に
セックスピストルズの「アナーキー・イン・ザ・UK」が突如流れてきたあの瞬間の事は。


それが、恐らくこの時代中高生だった人達なら
一度は耳にしたであろう(と思います)伝説のラジオ番組、
ドリアン助川の正義のラジオ!ジャンベルジャン!」との出会いでした。
 

最初は「ドリアン?叫ぶ詩人?で人生相談?でもないな。何者だよ」という
ごく自然な印象を持ったのを覚えています。
番組内容は、パーソナリティであるドリアン助川氏《以下ドリアン(敬称略)》が
様々なリスナーの若者と電話で会話するというものでした。
たぶん生放送だったんじゃないかな?
 

中高生ならではの素朴な相談や主張から、苛めや家庭問題、売春、ドラッグなど
深刻な問題を抱える若者達が悩みをドリアンにぶつけるというもので、
千葉の田舎町でのほほ~んと平和に暮らしていた僕にとっては衝撃を受けるような内容でした。
そしてそれ以上に衝撃的だったのが
人生相談の経験もない一介のミュージシャンでしかないはずのドリアン助川が
若者達に語りかける言葉の数々だったのです。
 

前述したように人生相談のプロでもない彼が吐き出す言葉は
スマートではないけれど、綺麗ごとめいたうそ臭さは全くありませんでした。
売春や妊娠など普通の大人が頭から否定してしまうことにも、
決して道徳や倫理観を引き合いに出して語るようなことをしません。
一般論ではなく、切実に救いを求めようとする相談者一人ひとりの為に
どんな言葉をかけてやればよいかを真剣に考えてコメントする彼の姿勢は、
ただ誠実とか真摯だとかいう言葉で片付けられるようなものではありません。
だって、友達がいないと悩む見ず知らずの奴に
「ならば俺が友人になる。後で俺の住所と電話番号を教えるから、内容は何でもいいから、
俺に手紙を書くなり電話をかけるなりして欲しい」と言う人がいますか? 


当時中学生~高校生だった僕にとって
どんな悩みも受け止めるこの金髪のオッサンは
いつしか「金髪先生」から「金髪のブッダ」になっていきました。
あの時期、彼の言葉の一つ一つが人生の選択の指針となっていたといっても
過言ではなかったでしょう。

続きを読む "【ラジオ】さよなら金髪先生"

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年5月14日

【本】たかがオビ、されどオビ

本のオビって結構重要ですよね。

小説やマンガでも、特に単行本なんかは余程有名な作品でなければ
タイトルだけ見ても内容を想像するのは難しいですしね。
CDやレコードもそうですけど、ジャケ買いって結構勇気が要るものです。
特に本の場合はある程度読まないと面白さがわからないし、
せっかく時間をかけて読んで結果つまらなかった、じゃ時間の無駄遣いもいいところです。

まあそういうのも含めてジャケ買いの醍醐味という考え方もありますけど。

読めば面白い本も、オビがあるとないとじゃ買う時の安心感が大違いな訳ですよ。
更に言うと、オビのコメントのインパクトが、売れる・売れないを左右するといっても
過言ではないと常日頃思うわけです。

とまあ熱くなってしまったので若干クールダウンいたしまして。

先日のことですが、とある本屋でブラブラしていた時のこと、
「麻生久美子」と「麻木久仁子」ってそういえば似ているなぁとボンヤリ考えながら歩いていた所、
ふと目に留まった「麻生久美子 熱烈推薦!!」というオビの文字に過剰に反応してしまい
思わずこんな漫画を手に取ってしまいました。


teacher_suzuki.jpg

『鈴木先生』(武富健治 著 双葉社)


ちなみに麻生久美子のコメントが載っているのがこの第4巻です。
オビ付の画像がなかったのでご勘弁を。
麻生久美子って誰?という方はコチラをどうぞ。

率直な第一印象は「絵柄古っ!」。

どうやら中学校を舞台に
主人公である鈴木先生が悪戦苦闘する姿を描いた物語のようです。

一瞬、某“ヤンキー上がりのグレートティーチャー”や
某“3年B組終身名誉担任”が頭をチラつき棚に戻しかけたものの、
麻生久美子効果に負けて試しに1・2巻を購入してみました。
まあ暇つぶしにはちょうど良いかと。

結果からいうと、これがオビを信じて大正解。
久しぶりに心躍る作品に出会えた感動で、
早速翌日、翌々日で7巻まで大人買いしてしまいました。

詳しい感想は長くなってしまうので省きますが、
生徒の前では神がかり的な教育を連発する名教師ぶりを発揮していても、
裏では情緒不安定一歩手前位まで悩み葛藤するイチ中学教師の姿が
過剰な程実にリアルに描かれていて、
読んでいるこちらが思わず手に汗握る程の緊張感が伝わってくるマンガです。
扱っているのはごくありきたりなテーマなのに、
新鮮に感じさせてしまう鈴木先生の独自の教育論がすごい。
こんな先生なら是非授業を受けてみたい!と本気で思ってしまいます。

ああ。一言で言い表せないのが口惜しい!
ホント試し買いして良かったと思いました。
それもこれも麻生久美子の、いやオビの成せる業。
正に本と人を結ぶ「帯(オビ)」って訳ですね。

そんな本のオビをテーマに何か面白い企画・キャンペーンができたらなぁと
最近漠然と考えております。

例えば、読者の感想をオビに入れる手法はよくありますが、
オビコメント自体を考えてもらうというのは?
より説得力が増して手に取りやすくなるのでは?
採用者には賞金○○万円!みたいな感じで。

う~ん。安直ですかねえ。

でもこういう風に本でも音楽でも映画でも
知らない人に作品の素晴らしさを伝える事って難しいですよね。
だからこそ上手く伝わった時の喜びもひとしおな訳で、
きっとオビ作りもそれに似ているんだろうなぁと思ったりしました。

ちなみに『鈴木先生』は現在『漫画アクション』にて好評連載中です。
興味がわきましたら是非ご一読を。

担当は、書いている途中で麻生久美子が結婚していた事を知って
ショックで茫然自失の千葉人でした。
うぅっ…。

icon-chibajin.jpg

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年4月21日

【動物】愛犬家の戯言

春って何でこんなに眠いんですかね?
暖かい陽射しが嬉しくもあり妬ましくもある今日この頃です。

休日なんて、ヘタをするといくらでも眠れてしまう訳で、
起きたらもうお昼なんて事も珍しくありません。
これは明らかに時間を無駄使いしているなあと思い、
先日このままじゃいかん!と一念発起し、
「休日は逆にいつもより早く起きる」というノルマを
自分に課することに決めました。

でもいくら心に固く誓ったとしても
そうそう何のメリットもないのに早起きできる程強い人間ではありません。
という事で寝る間を惜しんで考えました。早起きしなければできない事。

ありました。犬の散歩です。
Inu1.jpg
うちには今年4歳になるオス犬がいるんですけど、
平日は朝ギリギリまで寝ているので当然散歩には行けず
休日も起きるのが遅いので
夕方暇なときに行く位で、一週間に一度行けるかどうかという頻度です。

これを土日の朝両方とも散歩に当てられたら、
「休日を無駄にしない」だけでなく、「愛犬との信頼関係の構築」にもなるわけですね。
正に一石二鳥というわけで、早速始めました。
名づけて「休日朝早く起きて犬の散歩する事で犬との信頼関係構築並びに・・・作戦」
ええと長すぎるので割愛します。

まあ早起きといっても朝7時に起きて、1時間くらい犬連れて散歩するだけなんですけどね。
緩いノルマではあるんですけど、始めてみるとこれが非常に快適。
朝の澄み切った空気を肺に入れるだけで健康になった気がするから不思議です。
普段は見る事のない町のふとした景色に心動かされたり
普段顔を合わせる事もない町の人達とも気軽に挨拶を交わしたり。
犬も何だか嬉しそうだし。つられてこっちも嬉しくなってきます。

段々テンションがあがってきました。
更に、せっかくだからと思い持参したデジカメを引っ張り出して試しに愛犬をパシャリ。
Inu2.JPG
おっ。なんかいい感じだ。
続けてもう一枚パシャリ。
Inu3.JPG
更にいい感じ。
いやぁたまには写真もいいもんですね。

そんな事をしてたら一時間なんてあっという間に過ぎます。
適度な運動のお陰で朝飯も美味いです。
体のダルさもなく、頭もスッキリ。
夜も寝つきがいいから翌朝の目覚めも快適。
早起きってこんなに気持ちいいものなんだと27歳になって
漸く気づきました。日々是勉強ですね。

それもこれも全てこの愛犬のお陰な訳です。
Inu4.JPG
恐るべし犬力。

そういえば思うんですけど愛犬家で不健康な人ってあんまり聞かないですよね。
まあ犬に合わせて一定の生活リズムを刻んでいるからなんだろうけど。
個人的には世の中に氾濫する健康本の中に
「愛犬家が説く健康法」みたいな本があってもいいと思うわけです。
もっと言えば、「健康になりたければ犬を飼いなさい」みたいなテーマ。
誰か書ける人いないもんですかね~。

という訳で今日も寝る間を惜しんで
「愛犬家 健康法」などと打ち込んでネットサーフィンしております。
それにしても春って何でこんなに眠いんですかねえ?

担当は千葉人でした。

千葉人


投稿者 千葉人 : 12:00

2009年4月 8日

よろしくお願いします!

はじめまして、千葉人と言います!
生まれも育ちも住まいも千葉の外れ、
通勤時間が睡眠時間とさほど変わらない田舎者です!
会社の中では企画営業部で仕事をしています。

…入社日…
08年7月14日入社です。

…仕事内容…
本の企画を出版社に提案したり、
Webや広告の企画など、クライアントから依頼された様々な案件の
ハンドリングを主にしたりしています。
営業的な仕事に拘わらず何でも取り組んでいきます!

…趣味…
◎音楽・映画鑑賞
オーソドックスで恐縮ですが・・・。
洋楽だとNIRVANA、RADIOHEAD、oasis、
邦楽だとミッシェル・ガン・エレファント、ストレイテナー、syrup16g等が好きです。
ちなみに半分は解散しています(涙)
基本はROCKが好きですが雑食なので何でも聴きます!
映画は雰囲気とか音楽重視で観るので、かなり観るものが偏ってます。
だから胸を張って「映画が好きです」とは言えないです・・・。
最近観た映画だと「愛のむきだし」という邦画がダントツでお薦めです!
一言でいうと「変人達の変人達による変人達の為のむきだしの愛の記録」。
『上映時間が237分、関東の劇場は新宿のみ』という情報だけ見ると、
いわゆるミニシアター系の「行間を楽しむ映画」タイプか、と思われそうですが、
237分でも短いんじゃないか?と錯覚を覚えるほどスピード感があり、
バカでも分かる位全ての表現がストレートで「むきだし」ている作品なんです!
休日を有意義に過ごしたい、なんて生温い事言ってる方は是非挑戦してみてください!
ちなみにR指定なのでご家族で観に行く事は極力控えた方がよろしいかと思われます(笑)

◎ライブ観賞
家が千葉なので、なかなか頻繁に見に行けないのが残念ですが、
東京近辺のライブハウスにちょこちょこ出没します!
どちらかというと、フェスみたいな色んなアーティストが出演するライブより
一人(組)のアーティストのライブをじっくり観たいタイプです。
KWCに入ってから仕事関係で知り合った方のライブを観に行ったりもするようになったんですけど、
『40代のライターが半裸(最後は全裸)で放送禁止用語を絶唱するバンドのライブ』が
今まで観た中では一番衝撃的でした(笑)。
こんな刺激的な方と知り合えるのもこの仕事の楽しみの一つですね。

…KWCに入ってからの一番の発見…
多趣味な方が多いことです。
仕事に対しても、スポーツとか料理とか、
自分の好きなものにこだわりを持って取り組んでいる方ばかりなので
とても勉強になります!
その一方で「自分のこだわりって何だろう?」と自問自答している毎日です。

…ひとこと…
このBlogを通して
何か自分なりの「こだわり」を見つけて
発信していけたらと思っています!
何卒よろしくお願いします!!

千葉人

投稿者 千葉人 : 12:00

 1  |  2  |  3  | All pages