2009年10月20日

【生活】銀杏の風に吹かれてむせ返る

紅葉も見ごろを迎えたようで
田舎が活性化する季節が漸くやって参りました。


そして、秋は銀杏の季節でもあります。
残念ながら銀杏並木の見ごろはもう少し先の話ですが
下を歩けば、そこかしこに転がる銀杏を見る事ができ
あの独特の匂い、否臭いがツンと鼻を刺激し、
すっかり嗅ぎ頃を迎えた事がわかります。
皆さんはもう今年の初銀杏を嗅ぎましたか?

続きを読む "【生活】銀杏の風に吹かれてむせ返る"

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年10月 1日

【生活】文字にして読みたい愉快な言葉達

声に出しているとそうでもないのに
字で書いてみると「うわぁ、これ何か間抜けだなぁ」ってなる
言葉ってありますよね。

今回はそんな言葉達でちょっと遊んでみました。

続きを読む "【生活】文字にして読みたい愉快な言葉達"

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年9月10日

【生活】アイツのテーマ

最近アイツが気になる。

というか何とかしたい。

と某CMばりに頭を悩ませていた物があります。

続きを読む "【生活】アイツのテーマ"

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年8月25日

【生活】気がつくといつも左に寄っている

東京のエスカレーターは
左側が止まる人、右側が歩く人と分かれているのに、
何故大阪では立ち位置が逆転するのか?
東京、大阪で生活している人たちは一度は必ず考える疑問です。


個人的には、東京と大阪のどちらかが一方に対抗して
わざと逆にしたのが始まりなのでは、と思ってきましたが・・・。


長年感じてきた疑問に遂に本日答えが出ました。

続きを読む "【生活】気がつくといつも左に寄っている"

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年7月29日

【音楽】アベフトシ氏逝去に寄せて~ロックバンドの再結成考~

Danaさんに続き二日連続追悼記事になってしまいすみません。


7月22日未明、元ミッシェル・ガン・エレファントのギタリストである
アベフトシ(本名:安部太)氏が42歳という若さでお亡くなりになられました。


casanova_%20snake.jpg
(左から二人目がアベフトシ氏)


僕がそれを知ったのは、ちょうどネットで調べ物を終えて
YahooのTOPページに戻った時、
「元ミッシェルガン アベさん死去」(うろ覚え)
という何の感情もこもっていない平坦な文字が
Yahooニュースのトピックス欄にあるのを目にした時でした。


彼の代名詞とも呼ばれた鬼のような高速カッティングが
もう二度と聞けなくなるという悲しみは勿論ですが、
ミッシェル・ガン・エレファントが再結成されるという事が
もう100%無くなったのだという喪失感に襲われたのもまた事実です。
恐らくしないだろうとは思うけれど、
やっぱり心のどこかでいつか再結成をという願いがあった事を痛感しました。


けど改めて考えてみると
解散したバンドの再結成というのは
音楽好きなら必ず一度は妄想してしまうネタですよね。


特に近年は再結成するバンドが異常に多いようですから
嫌でも妄想は広がります。
スマッシングパンプキンズ、レッドツェッペリン、ヴァン・ヘイレン、ザ・ポリス、
セックスピストルズ、マイ・ブラッディ・ヴァレンタイン、サニーデイサービス、
X JAPAN、YMO、筋肉少女帯、聖飢魔II、ユニコーン、ジュンスカ、LUNA SEA、黒夢・・・etc。
例を挙げればキリがありませんが
どれも一時代を築いたバンドばかりです。


ただ実際再結成したらしたで賛否両論あるのが現実みたいですね。
90年代のオルタナティブアイコンと呼ばれたスマッシングパンプキンズは
蓋を開けてみればオリジナルメンバーはボーカルとドラムだけ(現在ドラムも脱退)、
セックスピストルズはボーカルのジョニー・ロットンが平然と「金儲けのため」と公言していて
ある意味パンクかもしれないけど如何なものかと思うし、
X JAPANはライブを行うたびに色んな意味で話題を振りまいているようだし、
黒夢の再結成解散ライブも正直やらなくてよかった・・・。
特に解散後個々のメンバーの音楽性やスタンスが全く違ってしまったバンドは
再結成しても正直ガッカリすることの方が多い気がします。


だからこそ、恐らく10年経っても
4人のメンバーそれぞれのロックに対するスタンスがぶれず変わらないであろう
ミッシェル・ガン・エレファントは個人的には一番再結成をしてほしいバンドでした。
それが事実上叶わなくなった事が本当に残念でなりません。


忌野清志郎、マイケル・ジャクソン、川村カオリと
今年は音楽界からお亡くなりになられる方が続いています。
関連本も沢山出ていますよね。
このお三方には知名度的には及びませんが、
是非アベフトシさんの追悼本がどこかから出て欲しいと個人的には思ったりしています。


結局何を言いたいのか自分でもいまいちよくわからないブログになってしまいましたが、
共感してくれる方がいらっしゃれば幸いです。


担当は“チバ”人でした。

icon-chibajin.jpg

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年7月 8日

【食べ物】NO BEER NO LIFE

キリン一番搾りは半冷位が一番美味い」。


かれこれ10年近くビールを愛飲してきましたが
最近この事実に気づき愕然としました。


基本ビールはキンキンに冷やした状態で飲むのが
常識だと思っており、
夏という季節はビールを美味しくいただくために
存在するのだと勝手に考えているので、
まさか・・・という思いが強く、
最初は事実を受け入れるのに苦労しました。


確かに他社の銘柄に比べて
「キリン・一番搾り』は泡がきめ細かくしっかりとしているなとは思っていましたが、
3時間位(冷蔵庫の性能によります)冷やした状態でグラスに注いで飲むと
泡の安定感が半端ないです。
何よりのどごしが優しい・・・。
泡が炭酸と絶妙に絡まりあうことで、滑らかな飲み応えを最後まで楽しめる。
キレという点では冷ビールには当然及びませんが
この飲み応えはお店の生ビールと同等、いやそれ以上です。


固定観念に囚われて、
人生における大切なことを危うく見失いそうになっていました。
ううむ。ビールはやはり奥が深い・・・。


新しいビールの楽しみ方を知ってしまった今夏、
“キレ”系のビールも楽しみつつ
一番搾りのバブリーな感じも堪能するという新たな楽しみが増えました。
いやあ俄然夏が楽しくなってきた!


ただ、理想としては毎日でも飲みたいところですが、
そうは肝臓とプリン体が許してくれないので、
程々に程々に。
風が吹くだけで痛い思いをするのは真っ平ごめんですしね。


欲を言えば「ビールを飲んで健康生活」みたいなテーマで
是非どなたかに書いてもらって
安心してビール生活・イン・サマーに没入したいところです。
でもそれも飲む量の問題だろうな・・・。


担当は、いつか世界のビールカタログを作ってみたい
千葉人でした。


icon-chibajin.jpg

投稿者 千葉人 : 18:00

2009年6月19日

【WEB】Budda And Roll

今巷では空前の仏像ブームだそうですね。
 
阿修羅像や弥勒菩薩像などの
いわゆるイケメン仏像達が女性達にアイドル並みの人気を誇っているという事で、
上野で開催されている「国宝阿修羅展」なんかも連日大盛況のようですね。
まあ確かに「偶像崇拝」という意味では、仏像をアイドル視するのは
ごもっともな気もしないでもないですが、
戦国武将といい、最近は何でも“イケメン”が付けばブームになるんですねえ。
 
ちょうど今仏像本の企画も持ち上がっていた事もあって
ネットで検索したり仏像本を漁ったりしてみたんですけど
確かに言われて見てみると仏像って結構端正なお顔立ちをしています。
ガテン系もいれば、ジャニーズ系、草食系、ビジュアル系・・・などと
タイプも様々です。
 
う~ん。これは今にイケメン仏像を集めたアイドルユニットが
登場してもおかしくなさそうだなぁと思っていたら、
こんなサイトを見つけてしまいました。

仏像イケメンズ★ザ・IKEMENSのすべて★【イケメンズ・オフィシャルサイト】


サイト自体は、文芸・芸術研究科であるカジポン・マルコ・残月さんという方が
運営する「文芸ジャンキーパラダイス」というHPの1コーナー。
仏像をテーマに架空のバンドと彼らを取り巻く音楽シーンの内情が
詳細に描かれています。
 
空也上人(ボーカル)、釈迦(ギター)、帝釈天(ベース)、迷企羅神(ダンス)、
阿修羅(ドラム)から成る仏像ロックバンド、その名も“イケメンズ”。
ガンジスレコードに所属し、奈良・京都を拠点に活動中。
只今絶好調の注目バンド!
・・・らしいです。
 
メンバーだけでなく、レコード会社スタッフ、ファン、ライバルバンドの数々まで
総勢約40体。全て仏像で構成する手の凝り様。
果てはロダンやダビデなどの海外芸術作品まで登場するワールドワイドっぷり。
地味にビートルズも登場(?)してます。
登場する仏像全てがうまいこと擬人化してあり
仏像ミュージックシーン(??)のリアルな現状を垣間見る事ができます。
 
写真に付随したコメントも秀逸で、神々しいはずの仏像達の格好やポーズを
コミカルに楽しむ事ができるのも魅力です。
何より登場する仏像達が生命を吹き込まれたかのように
生き生きと躍動しているのが伝わってきます。
特に阿修羅がドラムを叩く様は鳥肌モノ!一見の価値アリです。
 
なんて大袈裟に書いてはおりますが
要は良くできたパロディなので
冗談半分で楽しむのがベストかと思います。
日々の仕事に疲れたら
ちょっと一息仏像ブレイク、なんていいんじゃないですかね。
 
仏像に限らず
擬人化して楽しむ事ができるジャンルのモノは
今後もブームが起こりそうなので、
地道に追いかけていこうかなと思います。
次は土器・埴輪ブームとかこないかなぁ・・・。無理か。
 
ちなみに「イケメンズ」という名前のユニットは
実際に存在するらしく、
仙台で活動しているようです。

「IKEMEN'S」 
 
スゴい勇気のあるネーミング・・・。
是非サクセスしてほしいですね。
 
担当は千葉人でした。

icon-chibajin.jpg


投稿者 千葉人 : 12:00

 1  |  2  |  3  | All pages