« 【デジモノ】話題のテレビチューナーを使ってみた | メイン | 【仕事】今年のベランダは... »

2010年3月26日

【仕事】少年スポーツ関連のお仕事

妄想庭園の住人たちが「共通のお題でブログを更新する」企画、
今回のテーマは、「今、何の仕事をしているの?」です。


現在、私は第3制作部に所属しており、その中で"スポーツ少年団の指導者"を
対象とした情報誌「Sport JUST」の編集&ライティングを行っています。

私は、元オリンピック選手の田中雅美さんが全国のスポーツ少年団を訪問し、
子どもたちと触れ合ったり、指導者の方々にお話を伺ったりするコーナー
「田中雅美のHello!スポーツ少年団」などを担当しています。

これまで、東京都、宮城県、埼玉県、岐阜県、千葉県、茨城県、静岡県、山形県、
岩手県、福岡県といろいろな場所でスポーツ少年団の子どもたちを取材してきました。
それぞれの団の代表者にもお話を伺うのですが、どの方も揃って口にするのが、
「運動技術の向上よりも、人間形成を重視」。あいさつがしっかりできる、
礼儀正しい振る舞いができる、他人への思いやりを持てるなど、
子どものうちからしっかり身につけておいて欲しいことを、
スポーツを通じて伝えたいと考えているのです。

実際、取材でスポーツ少年団の子どもたちと話をしますが、
みんなとっても礼儀正しくて、あいさつがしっかりできる子ばかり!
はじめは少し恥ずかしがってしまう子もいますが、時間が経つにつれて
私たち取材班にも慣れてくれ、いろいろと活動の様子を話してくれます。
また、指導者の方々も活動にとても熱心で、仕事がお休みの日でも
朝早くから練習に参加したり、審判員や指導員の資格を取ったりと
子どもたちがスポーツを楽しめる環境づくりに尽力しています。
その姿を見ていると、いつも「子どもの将来のために頑張ってくれる
大人たちがいる地域っていいな〜」と思います。
子どもどころか結婚すら未定な私ですが、「自分の子どもも絶対
スポーツ少年団に入れよう」と今から決意しています(笑)

ここで「スポーツ少年団」って何? って思う方もいらっしゃる
でしょうから、簡単に解説します。
スポーツ少年団は、1962(昭和37)年に「スポーツによる青少年の
健全育成」を目的として創設されました。
現在は、全国で団数3万6千以上、団員数は90万人にも達する青少年団体です。
競技種目は、野球やサッカー、バレーボールなどの球技をはじめ、
陸上競技や剣道・柔道などの武道、乗馬、水泳と多種多様。
団員も、小学生を中心に、下は幼稚園児から上は大人までと幅広く、
各地域のなかで協力しながらスポーツを楽しんでいます。

マリナーズのイチロー選手をはじめ、カブスの福留孝介選手、
埼玉西武ライオンズの岸孝之投手など、現在メジャーリーグや
プロ野球で活躍する選手の中にもスポーツ少年団出身者が多くいます。
また、読売ジャイアンツの坂本勇人選手と東北楽天ゴールデンイーグルスの
田中将大選手は同じスポーツ少年団に所属していたことも。
その他、バンクーバーオリンピックでの活躍も記憶に新しい「チーム青森」の
本橋麻里選手、目黒萌絵選手もスポーツ少年団の出身です。
中でもイチロー選手は、自分の名を冠した「イチロー杯」という
学童野球大会を主催しており、毎年12月にはアメリカから帰国して、
表彰式で子どもたちにメダルや優勝旗などを手渡すプレゼンターも務めています。
自分が子どもの時にスポーツ少年団で野球を楽しんだこと、そしてそれが今の
自分に繋がっているんだということを、今の子どもたちにも伝えたいという
イチロー選手の気持ちが感じられますよね!
いつかイチロー選手にインタビューして、スポーツ少年団の頃のお話を伺ってみたいです!


担当はこくうぞうでした。
次回は飯こさんです。
icon.jpg

投稿者 こくうぞう : 2010年3月26日 11:06