« 【自己紹介】今年の頭に入社しました | メイン | 【動物】水族館巡り »

2010年1月15日

【旅】ちょっと遅めの初詣

こくうぞう、今年はじめての更新でございます。
今年も「妄想庭園」ご愛顧の程、よろしくお願いいたします。

さて、みなさん、初詣には行きましたか?
古くから「一年の計は元旦にあり」といわれますよね。
年のはじめ、気持ちも新たに一年の無病息災と目標などを
神様に祈願・報告するのはとてもよい習慣だと思います。

まぁ、私はまったり寝正月を過ごしてしまったので、
どこにもお参りしてなかったのですが……。

今年もバチアタリ決定ですかね?
ちょっと不安になったので、遅ればせながら先日、初詣に行って参りました。

神社仏閣大好きっ子のこくうぞうがセレクトした2010年の初詣場所は…

naiku.jpg


伊勢神宮です!

伊勢神宮は、三重県伊勢市内に点在する125社の総称。
プラス、全国の「神宮」と名の付くすべての神社の「親玉的存在」でもあるのです。

有名なのは祭神に天照大御神を祀る内宮(ないくう)と、
その天照大御神の食事を司る神として豊受大御神を祀っている外宮(げくう)
参拝の際は、まず外宮にお参りしてから、内宮にお参りするというのがならわしです。

1月のしかも休日、伊勢神宮が混まないわけがない!
でもせっかく来たのだから、ゆっくりじっくりお参りしたい!
と思ったので、早い時間からお参りすることに。

外宮に到着したのは、開門時間の朝5時。
当然、外は真っ暗です。
…吐く息、真っ白です。
「彼誰時(※)」の境内を目を凝らして歩いていると、わらわらと人がいます。
『……同じことを考えている人がこんなにいる』。
 
 
 
geku1.jpg
 

正宮にお参りし、境内をぐるっと歩いた後は、約6kmほど離れた内宮へ。
 
 
 
naiku1.jpg
 
 
naiku2.jpg

 
 
まだ日も昇りきらない時間なのに、一番近い駐車場は半分以上埋まっていました。
「さすが伊勢神宮、混み方もハンパない」と妙なことで感心しながら境内へ。
 
naiku4.jpg
 
この宇治橋、最近架け替えられたばかりで、つるつるピカピカ!
 
 
 
naiku3.jpg
 
鼻を近づけて匂いをかいでみると、木の清々しい香りが!癒しですね、まさに。
 

 
  
一の鳥居
1notorii.jpg
 
 

二の鳥居
2notorii.jpg
 
 
 
 
そしてこちらが、天照大御神を祀る内宮の正宮。
 
syouguu.jpg
 
 
 
 
 
 
写真撮影が許されるのは、この石段の下まで。
そこから先は撮影禁止です。
この石段、三婆石と呼ばれる石を使っていて、
雨に濡れると深くなめらかな緑色に輝くのです。
以前、お仕事で伊勢神宮に来たとき、内宮の撮影をする時だけ小雨が降って、
緑色の石段を撮ることができたのです。あれは本当にラッキーだったな〜。

広大な内宮の境内には、正宮の他にもさまざまな神様をまつる社があり、
じっくりお参りしていると、あっという間に時間が経ってしまいます。

その昔、人々が「死ぬまでに一度はお伊勢まいりがしたい」と思い願っていた伊勢神宮。
朱塗りの派手な拝殿もないし(基本、社殿に彩色を施さないのが伊勢神宮流のようです)、
よくあたるおみくじもない(伊勢神宮は、天皇に代わって国の繁栄と五穀豊穣を祈る社なので、
個人の吉兆を占うようなものはご用意されていないそうです)。
でも「さすが伊勢神宮」と思わせる、畏れ多いオーラのようなものを感じましたし、
二千年以上の時を経て、今も神々が住まう場所ならではの荘厳な雰囲気が味わえました。


実は、今回、伊勢神宮の他にもいろいろと興味深い神社へ行って来ましたし、
おいしいものもたくさん食べたので、あれこれとご紹介したいところですが、
それはまたの機会に……。


担当は「内宮でもらってきたお水を毎朝お供えしてます」こくうぞうでした。
次回は「初詣、どこ行きました?」飯こさんです。
 
 
icon.jpg
 
 
 
 
※彼誰時(かわたれ‐どき【かわたれ時】)
《「彼(か)は誰(たれ)時」の意。あれはだれだとはっきり見分けられない頃》
はっきりものの見分けのつかない、薄暗い時刻。
夕方を「たそがれどき」というのに対して、多くは明け方をいう。
出典:Yahoo辞書(大辞泉)

投稿者 こくうぞう : 2010年1月15日 18:11