« 【生活】サヨウナラ、私の2009年。 | メイン | 【音楽】じみへん… »

2009年12月14日

【本】オモシロ構造な建物

どうも、くぎやんです。
今回の時事ネタはコチラ

なんと、ひこにゃんが引退!!!?
慌ててニュースサイトを確認したところ…。
 
彦根城のすす払いイベントからの引退でした。
人騒がせな。
頭が大きく兜もかぶっているひこにゃんが高所にあがるのはキケンと判断されたため、今年のすす払いには参加しないそうです。
ひこにゃんが落ちる、というよりは、頭だけ落下して…
はっ。ひこにゃんに中の人などいません(○_○)
22日に行われる餅つき大会には参加するそうです。
 
 
天守の大掃除といえば、今年11月から姫路城の「平成の大改修」が行われています。

前回行われた改修はいったん全部バラしての大がかりなものでしたが、今回の改修は壁の塗り直しと瓦の葺き替えがメインです。
天守に覆いをすっぽりと被せて作業をするそうで、作業中はその覆いから天守を見ることができるようにするとのこと。
いつもは見られない天守のてっぺんが見られるので、改修期間中に訪れたいです。
 
 
 
姫路城もこの機会に耐震強化されるようなのですが、
日本は地震大国なので、昔から建築家たちは地震に強い建物を造ろうと試行錯誤してきました。
映像や写真が残っている150年を振り返っただけでも地震の規模の大きさや回数の多さに驚きます。
地震で大被害を受けるたびに新しい技術を生み出し復興してきたわけですが
そんな中、1300年間、地震では倒壊したことがない建造物があります。
 
 
国宝のアレです。
 
 

先日、何気なくTVのリモコンを回していたら、海外で日本の技術を紹介している番組を偶然見かけました。
その中で、紹介されていたのが「五重塔」の免震構造。
 
気になったので、調べてみました。
 

51NSZJJ516L._SS500_.jpg
 
日本の世界遺産 秘められた知恵と力 (NHKスペシャル)

 
 
 
世界最古の木造建築物といえば法隆寺ですが、その五重塔も木造塔としては世界最古の建造物です。
今まで一度も倒壊したことがありません。
 
 
 
五重塔の中は吹き抜けになっていて、外見しかない構造になっています。
内側は組木ばかり。
 
真ん中を通っている心柱は実は柱ではなく、ぶら下がっているだけ。
各層も繋がっていなく、上に積み重なっているだけ。
 
いうならばミルフィーユ状態。
 
それがなぜ倒れないのか。
 
 
 
その秘密は五重塔の構造にありました。
心柱が振り子の役目をしていて、それが揺れて塔自体の揺れを抑えているのが今のところ定説です。
各層も繋がっていないので、それぞれの揺れが影響しないため揺れが最小限になるらしい。
 
この構造の五重塔は全国各地で見られ、どれも風や火事で倒壊したことはあっても地震で倒壊したことはないそうです。
 
 
これに習い、振り子構造を持つ高層ビルは多く造られています。
この構造は、免震に効果ありということで実証もされている技術ですが、
五重塔がこの構造のおかげで地震に強いのかはまだ証明されていないそうで。
実証されているから大丈夫なんでしょうけど、今回、いろいろな自然災害の資料も見たので、東京の超高層マンションには住むのはちょっと怖いなぁ…と思いました。
 
 
この本には他に、厳島神社や白川郷といった木造建築が、いかに災害を乗り越えてきたかが解説されています。
もともとはNHKのドキュメンタリー番組だったようなので映像でも見たいところ。
再放送はされていないようなので、NHKはアーカイブを放出してくれないかしら…。
 
 
法隆寺はずいぶん昔に一度訪れていますが、まさかそんな構造になっているとは思いませんでした。
 
 
 
次行ったときはちゃんと見たいなぁ。
 
新東京タワーもこの構造らしい
 
 
忘年会シーズンで、財布の厚みと腹の厚みが反比例しているくぎやんでした。
次回はBAMBIさんです。

投稿者 くぎやん : 2009年12月14日 10:18