« 【食べ物】もし自分が「ビストロSMAP」に出られるなら…… | メイン | 【生活】冬秋夏春 »

2009年12月 1日

【写真・アート】マニアックトーキョー散歩

先日、カメラを持って友人何人かと都内東部をうろついてきました。
集合場所は東京メトロ「水天宮駅」。


そこから徒歩で向かったのは

hako1.jpg


hako2.jpg

そう、箱崎ジャンクション!

箱崎ジャンクションは「ヤマタノオロチ」にも例えられる独特の形状をしています。
空が飛べたら(そしてホバリングができたら)空撮で全容をお見せできるのですが、
あいにく、こくうぞうのカラダは「空を飛べない仕様」になっているので、
下からのアングルで狙うのみ。

カメラを構えた男女が無言でジャンクションの周りをうろつき、
お気に入りの場所を見つけては、ニヤニヤしながらシャッターを切る。

…キモチワルイ。

でも楽しい!

こくうぞう的“箱崎ジャンクションベストショット”はこれ↓
hako4.jpg


箱崎を後にして、車で向かったのは
tst2.jpg


現在、建設中の第2東京タワーこと東京スカイツリー。


tst1.jpg

こうして建設途中の画像を残しておくと、できあがった後に見直して
「あの時はこのくらいしかできてなかったんだ〜!」と思い出に浸れます。

ちなみに完成予想図はこれ。
tst3.jpg


あちこち歩き回り、角度を変えてはまた撮りを繰り返す。
私たちの他にもたくさんカメラを持った方がいて、
東京スカイツリーの姿をおさめていました。

こくうぞう的“東京スカイツリーベストショット”はこれ↓
tst4.jpg

その後、また車で移動して、今度は堀切ジャンクションへ。

horikiri3.jpg

日が傾いてきたので、上手に撮れるかどうかわからなかったけど、
ジャンクションと川、というナイスな組み合わせに心が躍ります。

horiiri1.jpg

お散歩メンバーは、それぞれ土手を自由に散策しながら
お気に入りの場所を探します。


こくうぞう的“堀切ジャンクションベストショット”はこれ↓
horkiri2.jpg

日もとっぷり暮れた後、最後の目的地「白髭団地」へ。
この団地、火災が起きた際の延焼を防ぐために建てられた、
特殊な形の防災団地なのです。

sirahige1.jpg

棟と棟の間には、火災発生時に閉じると言われている門が。
sirahige2.jpg

人々が暮らす団地なのに、要塞みたいな佇まい。
三脚を持っていないので、かなりブレてしまいましたが、
そこらへんは…ゴニョゴニョ。


デジタル一眼レフを購入してから、暇を見つけてはあちこちを散策し
写真を撮る楽しみを覚えつつある今日この頃。
今回のお散歩で訪れた場所のような「ザ・観光地」じゃない場所にも
たくさんの見どころがあり、ファインダーを覗くだけでワクワクします。

でも、まだまだ行けていないマニアックなスポットがたくさんあるはず!
手始めに東京のマニアックな写真スポットを紹介する本があったらいいなー。
(紹介された時点でもうマニアックじゃなくなっている気もしますが(笑)


担当は「今度は辰巳ジャンクションに行きたい!」こくうぞうでした。
icon.jpg
次回は飯こさんです。

投稿者 こくうぞう : 2009年12月 1日 11:06