« 【食べ物】「Au Temps Jadis」 | メイン | 【食べ物】ホルモン焼きのススメ »

2009年11月24日

【食べ物】栗焼酎「ダバダ」

今月のテーマ「○○で食べた○○がおいしかったよ!」なんですけど、
食べ物の話は書いているとお腹が空いてきてしまって
どうにも筆が進みません。

という訳で今回はお酒の話でご勘弁を。

先日下北沢の某居酒屋にて
飲んだ栗焼酎『ダバダ』をご紹介します。

ババンッ!


と通常であればここで写真が出るのがセオリーなんですが
素材がありません。
近くの酒屋で探してみたんですけど
取り扱っていないとの事。
しょうがないので皆さん
ダバダ~♪とネスカフェのCMでも
思い浮かべていただければ幸いです。


私それなりにお酒は飲んできたという自負がありますが
栗の焼酎などというものは初めて飲んだわけでして。
一緒に飲んだ連れからダバダのロックを薦められた際は
何とも面妖な酒なり、などと
警戒心いっぱいに口をつけてみたのですが・・・。


あれ?甘い??


焼酎とはおよそ思えないまろやかな飲み口、
そして仄かに甘い香りに戸惑いつつもう一口。


やっぱり甘い。
それもクドい甘さではなく、後に残らないさらりとした甘味。
飲んだ事ないけど栗ジュースなんてあったらこんな感じだろう。


「え?これロックですよね?」
連れに何度も確認しながらあっという間に一杯完飲。
後味もアルコールの気配なし。これなら何杯でもいけそうだ。


生粋の酒飲みだったら
はっ!甘い酒なんか飲んでられるか!と鼻で笑うでしょうが
私くらいの似非酒飲みにはこれ以上ないほど理想的なお酒。
なんせロックでも全く抵抗なく飲める訳ですから。
美味しく飲めて酔えるなんて素晴らしいじゃないですか。
正に捜し求めていた至高のお酒だ!と美味しんぼの海原雄山ばりに叫び
クイクイクイッと杯を重ねていきました。


しかし、いくら飲みやすいとはいえ
アルコール度数は普通の焼酎と一緒。
いっぱい飲めばいっぱい酔います。
案の定2時間が経過した辺りから徐々に記憶が虫食い状態。
気づいた時には一人繁華街をフラフラと彷徨っておりました。
連れといつ別れたのかも憶えていない。


時計を見ればとうに日は回っている。
ついでに視界もくるくる回っている。
ここはどこ?そして私はどこへ?


栗焼酎、その魔性の味に踊らされたバカひとり。
ダバダ恐るべし。けどまた飲みたい。
皆さんも居酒屋で見つけたら是非ご賞味を。
そして足腰立たなくなるまで飲み潰れて
ダバダーッとリバ・・・。失礼しました。


担当は千葉人でした。

icon-chibajin.jpg


次回の担当はTKさんです。

投稿者 千葉人 : 2009年11月24日 12:00