« 【告知】妄想庭園夏休みのお知らせ | メイン | 【生活】〇〇な人のための献立表 »

2009年8月17日

【生活】帰省

お盆ということで、週末を利用して長野に帰省してきました。

帰省中は、普段気にしているけれど、なかなか実行できない
“健康によいこと”を実践するよう心掛けました(主に食事面ですが・・・)。
まずは、「朝のフルーツは金」ということで
朝食で桃、梨、スイカ、グレープフルーツなどの果物をたくさん摂ってみたり、
朝早く起きて公園を散歩して、その後、小学校の頃の夏休みを思い出しつつ
親につき合ってラジオ体操をしてみたり……。
そして、「野菜も旬の季節モノを食べるのが一番!」を意識して、
きゅうり、トマト、茄子、みょうが、大葉、ゴーヤ、かぼちゃ、トウモロコシなどなど、
夏野菜もここぞとばかりにたくさん食べてきました。

今年初めて食べた大好物の桃、梨はもちろん、きゅうりなどの野菜もなぜか、
東京の1Kの部屋で食べるより、あの開放感の中で食べた方がおいしく感じられるんですよね。

今回は、滞在期間が短かったので、お墓参りをして栄養のあるもの
をたくさん食べる以外に、特にこれといったことはしなかったのですが、
次戻ったときには父親に付いて山登りをして、運動不足を解消したいと思っています。

というのも、私の父は登山が趣味で、暇さえあれば山登りにいっています。
普段は、地元の小学生も遠足などでいく標高1164M程度の太郎山に登るのが日課で、
休みの日は新しい山に出向いているようです。
ちなみに、太郎山は少し急な近道を選択すれば大人なら片道1時間半ほどで登ることができます。

今回の私の帰省中には、父は一日かけて標高2922Mの大天井岳という山に登りにいっていました。
そんな父いわく、最近は女性の登山者が増えているとのこと。
地元紙の信濃毎日新聞にも、癒やしを求めて登山する人が増えているという記事が載ったようです。

以前同僚に、週末に自然を求めて都会から行ける山として、
太郎山が本に掲載されていると教えてもらったことがありますが、
“女性のための”“家族のための”などで分かれた、登山本があったらいいのではないでしょうか。

写真は、父が大天井岳から撮った景色です。

019_.JPG

023_.JPG

大天井からみた槍ヶ岳

029_.JPG

担当はシカゴでした。
シカゴ

次回の更新は、小麦色太郎さんです。

投稿者 シカゴ : 2009年8月17日 00:00