2009年8月31日

【映画】時をかけて、向かうはあの夏休み。

「もう夏が終わってしまった……」と嘆くなかれ。
あの夏休みに帰ってみませんか。

続きを読む "【映画】時をかけて、向かうはあの夏休み。"

投稿者 suzie : 12:00

2009年8月28日

【生活】だけどどうしても見つからないことがある

コンビニの缶ジュース/ペットボトルでイカしたおまけが付いてたりすると、つい買ってしまいませんか?

僕は迷わず買います。
先頃もボスの缶コーヒーにミニ四駆のプルバックカーが付いていたんで買っちまいました。
ただこれって完全にその場の勢いなんですよね。
開封して数秒間うっとりしたら部屋やデスクの適当なところに飾って、あとは完全放置します。たまに眺めるだけです。

この“ジュースのおまけ収集癖”がついたのは、おそらく中学生のとき。
「スターウォーズ エピソードⅠ」が公開され、一瞬でスターウォーズの虜になった僕は、当時ペプシコーラのおまけだったスターウォーズのキャラクターフィギュアを熱心に集めました。
フィギュア欲しさで買うものだから、そこには当然、冷蔵庫がコーラだらけになってしまうという恐るべき副作用もあるのですが。

それからは、ちょっとカッコいいなと思うものを見つけると、つい買ってしまう癖が付いてしまいました。
フィギュアだけではなく、車だのストラップだの何だのと。

ミニミニ大作戦

続きを読む "【生活】だけどどうしても見つからないことがある"

投稿者 BUMBI : 12:00

2009年8月27日

【生活】夏の祭典に行って来ました。

どうも、くぎやんです。
最近、ようやく涼しくなってきましたねー。
鈴虫とウシガエルの声が秋の到来を知らせてくれます。

ところで、夏といえばお祭り!
我が地元でも街を挙げての納涼祭が行われましたが、今年はあまり寄付が集まらなかったようで、いつもより花火がちょっと少な目でした。
どこも不況ですね…。

そんな不況の中、経済効果100億円以上といわれるモンスター級の夏の祭典に行ってきました!

続きを読む "【生活】夏の祭典に行って来ました。"

投稿者 くぎやん : 15:44

2009年8月26日

【本】“第二の坂本龍馬”は現れるのか?

現在、ある仕事の関係で、歴史に関する資料、
それも幕末から明治にかけての資料を読んでいます。

来年のNHK大河ドラマは、福山雅治(!)主演の「龍馬伝」。

同じくNHKでは、
日露戦争を題材にした司馬遼太郎の名著「坂の上の雲」もドラマ化されるので、
今後、大いにスポットライトが当たる時代と言えるでしょう。

続きを読む "【本】“第二の坂本龍馬”は現れるのか?"

投稿者 TK : 12:08

2009年8月25日

【生活】気がつくといつも左に寄っている

東京のエスカレーターは
左側が止まる人、右側が歩く人と分かれているのに、
何故大阪では立ち位置が逆転するのか?
東京、大阪で生活している人たちは一度は必ず考える疑問です。


個人的には、東京と大阪のどちらかが一方に対抗して
わざと逆にしたのが始まりなのでは、と思ってきましたが・・・。


長年感じてきた疑問に遂に本日答えが出ました。

続きを読む "【生活】気がつくといつも左に寄っている"

投稿者 千葉人 : 12:00

2009年8月18日

【生活】〇〇な人のための献立表

一人暮らしを始めて6年。
最近改めて、気がついたことがあります。

続きを読む "【生活】〇〇な人のための献立表"

投稿者 太郎 : 12:14

2009年8月17日

【生活】帰省

お盆ということで、週末を利用して長野に帰省してきました。

続きを読む "【生活】帰省"

投稿者 シカゴ : 00:00

2009年8月10日

【告知】妄想庭園夏休みのお知らせ

「妄想庭園」は8/10〜14まで、更新をお休みいたします。

しばし夏休み


次回更新は8/17(月)、担当はシカゴさんです。


お楽しみに!

投稿者 くぎやん : 12:34

2009年8月 7日

【生活】居酒屋占い

お酒が好きなもので居酒屋にはよく行きます。
居酒屋のいいところは、和洋中の何でも料理がそろっているところ。
「今日は魚が食べたいけれど、餃子もちょっと食べたいかも。あとお寿司もあればいいな!」なんてわがままな希望がある時に最適な場所だと思います。

居酒屋といっても、サラリーマンがたむろしている所ばかりじゃなくて、創作和食的であったり、隠れ家的であったりとさまざまありますが、私が好きなのは、近所のおじさんたちが夕ご飯を食べたあとに飲みに行くようなお店。

続きを読む "【生活】居酒屋占い"

投稿者 飯こ : 12:00

2009年8月 6日

【旅】KKZ版「ぼくのなつやすみ」

みなさんは「ぼくのなつやすみ」というゲームをご存じですか?
主人公の「ぼく」が架空の田舎で、自然と戯れつつ夏休みを楽しむ、という
PSP(プレイステーション・ポータブル)版のゲームです。

海に飛び込んだり、真っ青な空の下で緑の中を駆け回る「ぼく」を
テレビCMなどで見ては「おもしろそうなゲームだな」と思うものの、
こくうぞう自身はまったくゲームをしない(できない)ため、
ハナからあきらめておりました。

そんな7月の某日、地元で中学校時代の同窓会に出席するために帰省しました。
翌朝、目覚めると、真夏のようなとってもいいお天気!
実家の窓から広がる風景があまりにも「ぼくのなつやすみ」に似ていたため、
父から自転車を、母から帽子を借り、カメラをぶら下げて出かけました。

今回は、題して「ぼくのなつやすみ〜KKZ(こくうぞう)版」。

続きを読む "【旅】KKZ版「ぼくのなつやすみ」"

投稿者 こくうぞう : 11:06

2009年8月 5日

【本】「ひらがなのチカラ」

「ひらがなの力」でも「平仮名のチカラ」でもなく、
やはり「ひらがなのチカラ」と書きたいところ。

というお話です。

続きを読む "【本】「ひらがなのチカラ」"

投稿者 suzie : 12:00

2009年8月 4日

【旅】散文的。見えないけれど、見えるもの

東京の空は、星が見えない。
美しい星々と、まん丸い月と、うっすらと陰る雲が、
我よ我よと重なり合う姿が見えない。

仕事が終わり、疲れて家に帰る毎夜、
空を見上げても星が見えないので、気が滅入るのである。

僕の故郷では、よく星が見えた。
そばの駐車場から、よく星を見上げた。
どこにいても、何をしていようとも、
空を見上げれば、そこには星があった。

春には、しし座が見えた。
夏には、はくちょう座とこと座とわし座で形作られた夏の大三角が見えた。
秋には、ペガスス座が見えた。
冬には、北斗七星やオリオン座が見えた。

思えばいつも、僕は星に見守られていた。

何万年も前に、暗く壮大な宇宙に散ったはずの星の光が、
今変わらぬ姿で地球のふちに見える。
宇宙における悠久の時間の流れと、
僕たち人間の80年足らずの人生の差異を感じると、
やはり人間とはちっぽけな存在だと思う。

続きを読む "【旅】散文的。見えないけれど、見えるもの"

投稿者 BUMBI : 12:00

2009年8月 3日

【本】文学作品の視点を変えてみる

どうも、8月のトップバッター・くぎやんです。
7月は待ちに待ったドラクエ9がついに発売となり、眠れない日々が続きましたが、今月はモンスターハンター3が発売になったので、まだまだ睡眠不足の日々が続きそうです。


今回は、先日、文庫本売り場で女子高校生の会話を聞いて「あっ」と思ったコト。
「世界はBL(※)に満ちている」です。



その女子高校生は「DAETH NOTE」の小畑健が表紙を手掛けている「人間失格」を手に、「葉ちゃんはヤンデレ(※)だと思う」と熱く語っておりまして、「人間失格のどこでそう思うんだっ」とツッコミを入れつつ、ふと、ダ・ヴィンチ2009年2月号の特集を思い出しました。



続きを読む "【本】文学作品の視点を変えてみる"

投稿者 くぎやん : 12:27

 1  |  2  | All pages