« 【アート】「ウォルトが信じた ひとりの女性。」 | メイン | 【本】「日本人なら必ず誤訳する英文」 »

2009年7月16日

【旅】マンガの世界をリアルに体感

「妄想庭園」をご覧のみなさまこんにちは。

子どもの頃から少年・少女のジャンルを問わず、マンガが大好きで
未だに毎週「週刊少年ジャンプ」を購入しているこくうぞうです。

先日、平日に代休をいただけたので、ふと思いついて鎌倉に行って来ました。
あじさいで有名な極楽寺駅近くの「成就院」は、すでにすべてのあじさいが
剪定し終えた後らしく、時期的には“ギリギリアウト感”が否めない旅でしたが、
それでもいいのです!
決して負け惜しみでいっているのではありません!
私の鎌倉探訪の目的は別にあったのです。

今回の旅の目的、それは「マンガに登場した場所へ行ってみよう!」です。

手元に用意したのは、『すずちゃんの鎌倉さんぽ』という一冊の本。

%E3%81%99%E3%81%9A%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.JPG


これは、私の大好きなマンガ家・吉田秋生さんの『海街diary』『ラヴァーズ・キス』
この2冊のマンガの舞台となっている鎌倉を、『海街diary』の登場人物たち
(主にすずちゃんと、すずちゃんが所属するサッカーチーム「海街オクトパス」の
選手たち)が案内する、という一風変わったガイドブック。

『すずちゃんの鎌倉さんぽ』と、先日“キヨミズ・ステージ・ダイブの気持ち”
購入したデジタル一眼レフをバッグに入れ、藤沢駅から江ノ電に乗り込みました。

実際は『すずちゃんの鎌倉さんぽ』を片手に江ノ電を乗ったり降りたり戻ったり、と
「ひとりならではの計画性のなさ」でウロウロしていたんですが(1日乗車券購入済)
ここでは路線図に沿ってご紹介します。


●江ノ島
『ラヴァーズ・キス』にも登場した藤井朋章くんとすずちゃんの義母姉・佳乃さんが
お別れするちょっと切ないシーン↓

%E6%B1%9F%E3%83%8E%E5%B3%B6D.JPG


実際に歩いてきました↓

%E6%B1%9F%E3%83%8E%E5%B3%B6R.jpg


●鎌倉高校前
駅の目の前に海が広がる、絶好のロケーション。
すずちゃんが朋章くんと海で話をした後、江ノ電に乗り込むシーン↓

%E9%8E%8C%E5%80%89%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%89%8DD.JPG


江ノ電を一本やりすごし、写真に撮りました↓

%E9%8E%8C%E5%80%89%E9%AB%98%E6%A0%A1%E5%89%8DR.jpg


●稲村ヶ崎
すずちゃんと朋章くんが話した場所。

%E7%A8%B2%E6%9D%91%E3%83%B6%E5%B4%8ED.JPG


浜辺に降りて、同じアングルで撮ってみました↓

%E7%A8%B2%E6%9D%91%E3%83%B6%E5%B4%8ER.jpg


●極楽寺
物語の中ですずちゃんたち四姉妹が暮らす家の最寄り駅とされている場所。
ちょっとゆっくり朝ごはんを食べていると、遅刻ギリギリで走る羽目に↓

%E6%A5%B5%E6%A5%BD%E5%AF%BA%E9%A7%85D.JPG


改札を抜けた後、くるっと振り返り、この景色を見た瞬間
「マンガと同じだー」と呟いてしまいました↓

%E6%A5%B5%E6%A5%BD%E5%AF%BA%E9%A7%85R.jpg


●長谷
鎌倉大仏がいらっしゃる「高徳院」というお寺の最寄り駅・長谷。

%E5%A4%A7%E4%BB%8FD.JPG


境内には大きな大仏さまと“大仏さまのわらじ”があります。
巨大なわらじを見て、思わずひとこと「履かないだろ!」と
突っ込んでしまいました(履いていたらそれはそれでコワイ)

%E5%A4%A7%E4%BB%8FR1.jpg


%E5%A4%A7%E4%BB%8FR2.jpg

そして長谷にはもうひとつのエピソードが。
『ラヴァーズ・キス』で鎌倉を去る朋章くんを見送る里伽子ちゃんと、
向かいのホームのベンチに座り、その2人を見送る鷺沢くんと緒方くん。
それぞれの切ない想いが交錯する、名シーンのひとつです↓

%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%A7%85D.JPG


『ラヴァーズ・キス』の登場人物を真似てベンチに腰掛け撮った一枚↓

%E9%95%B7%E8%B0%B7%E9%A7%85R.jpg

神奈川県内でも有数の観光地である鎌倉は、既存のガイドブックがたくさんあります。
でもこういったマンガ(フィクション)の世界観をリアルに表現するのは、
他のガイドブックとはひと味違ったおもしろい手法だと思います!

みなさんも今度、“ちょっと変わったさんぽ”してみませんか?


担当は「ひとりで写真撮ってはニヤニヤして、本を開いてはニヤニヤして…。
周りの人にヘンな人だと思われていた可能性アリ」のこくうぞうでした。
icon.jpg

投稿者 こくうぞう : 2009年7月16日 11:06