« 【音楽】アベフトシ氏逝去に寄せて~ロックバンドの再結成考~ | メイン | 【本】文学作品の視点を変えてみる »

2009年7月30日

【生活】BBQのススメ。

夏真っ盛りの今日この頃。

こうも太陽が熱く照りつけると、
“なにか夏らしいことをしなければ”との切迫感に襲われてしまいます。

そんなところへ舞い込んできたのが、

「BBQ in 多摩川」。

夏らしく、胸躍るイベントに意気揚々と出掛けて参りました。

-----------------------------------------------------

早朝9時にも関わらず、既に多摩川の河川敷は
BBQの準備に勤しむ人々で溢れ返っていました。

日本のBBQ人口は、確実に増加の一途を辿っているようです。

各々、自前のテントや鉄板をセッティングし、
準備に余念がありません。

我々はというと、30名に対して鉄板はひとつ。

絶対的に誤った比率です。

結果、下っ端の私はひたすら30名分の肉を焼き続けました。
汗を拭い、ビールを飲み、ひたすら肉を裏返し続ける26の夏…。

火力が弱まれば頃合いを見て炭を補充し、
肉ばかり焼いていると、エノキやジャガバタを食べたいとのリクエストが各所から舞
い込んできます。

およそ焼き肉屋の店員を上回る仕事量のなかで、
私はBBQのマニュアル本があればと、ふと妄想に耽りました。

BBQに造詣の深いお笑いコンビ「ペナルティ」のヒデさん曰く、
炭の量をコントロールすることによって、ひとつの鉄板のなかに、

強火→弱火→保温

の領域を作ることが可能であると言うのです。

肉が焦げ付き、その横で見るも無惨な状態になった焼きそばを見下ろしながら、
私はBBQの奥深さを痛感したのでした。

しかし、そのマニュアル本でなによりも強調してほしいのは、
「みんなで肉を焼く円満かつ効率的な分担制」…。

肉に箸を伸ばすと同時に、
鉄板係に愛の手を差し伸べて頂けることを切に願います。

担当はTKでした。

TK

投稿者 TK : 2009年7月30日 10:40