« 【本】ディズニーランドの裏ガイドブック | メイン | 【生活】必殺お片付け »

2009年6月 4日

【写真】NATURA CLASSICAをご存知ですか?

 
こんにちは。
今回は私がいいなと思うカメラについてお話します。
 
 
それは、FUJIFILMから発売されているNATURA CLASSICA(通称:ナチュラ)」というカメラです。
ナチュラシリーズは以前から出ているものの、現在はCLASSICAの一種類のみで、あとは販売が終了しています。
 
 
CLASSICAの発売当初から各カメラ雑誌でもとりあげられ、WEBではコミュニティー「Camera People」内で「NATURA People」という特設ページまで開設され、その人気は衰えることを知りません。
「NATURA People」では、写真家HIROMIXやチェルシー舞花をはじめ、音楽家、モデル、女優と各界で活躍する写真好きなゲストが登場しナチュラで撮影した写真やコメントを多数紹介しています。
 
 
 
そんな人気者・ナチュラの魅力とはなにか検証してみました。
 
 
 
-----------------
 

 
●カタチ、ルックス

NATURA CLASSICA

カメラは持ち歩くものだと思っているので、ナチュラの大きさ(109.5×62.0×36.0mm)、重さ(155g)ともにべスト。普通のコンパクトデジカメと変わらない身軽さ。
これなら首からぶら下げて、肩が凝ることも、腰を痛めることもないですね!
ナチュラ用の速写ケースも販売しているので、更におしゃれに持ち歩くことが出来ます。
販売先:カメラピープルストア
しかし、高い。。。
 
 
ルックス面では、そのチープさで撮られる側が楽になれるところはかなりの利点ではないかと思いました。一眼レフを向けるとその威圧感に大体の人が身構えてしまうので、なかなか自然な写真が撮れませんが、ナチュラなら緊張させず自然なショットが撮れそうです。
  
 
 
●パフォーマンス

一般的なF5.6レンズより明るいレンズF2.8を実現。その場の光をより多く集めることが出来ます。
ノンフラッシュでも明るく撮影できることで、いろんなシーンでの撮影が可能になります。
例えば、フラッシュ禁止の美術館や、発表会、屋内スポーツ観戦、周りに気を使うレストランなど、ナチュラのノンフラッシュならルールを守ってしっかり撮影でき、その場の光と影を生かした雰囲気のある写真が楽しめます。
 
 
フラッシュの失敗(※)は数知れず。あまり失敗したくないフィルムカメラでこの効果は嬉しい限りです。もちろんフラッシュが必要なシーンではきちんとフラッシュも使えるので◎
※失敗…一般的なコンパクトカメラで夜景(人物込み)を撮る時に、フラッシュをたくと、大体は人物の顔は白くとび、背景は暗い写真になってしまいます。
 
  
ナチュラは専用のフィルム(NATURA1600)で撮影すると、自動的にノンフラッシュのNPモード(※)に設定され、撮影することができ、ナチュラの魅力をより一層引き出してくれる機能が付いています。
※NP(ナチュラルフォト)モード…カメラが自動的に露光量を制御し、その場の光を活かした雰囲気のある写真が撮影できる機能です。
 
NATURA1600フィルム
写真:FUJIFILM
 
NPモードで撮影された写真を見ると、こういう雰囲気で撮ってみたかった! なんて思う写真が多数ありました。
やっぱり写真は自分の目で見たままのものを撮りたいですよね。
むしろ、瞼がシャッターだったらいいのに…なんて考えたり。
 
 
他にも、広角28mm~56mmの2倍ズームレンズ搭載や、警告ランプなど多彩なパフォーマンスをしてくれます。
40cmまでは寄りの撮影も可能なので、料理や、花、動物など近くで撮影したいなんて思った時もナチュラなら実現してくれますし、「暗すぎる」「近すぎる」を自分で判断できない場合も警告ランプが付いているから安心!
 
 
 
●コスト
 
新品でも大体3万円あれば買えるので、普通のフィルムカメラを買うよりは安いです。
通常販売以外で、値段はすこし高くなりますが、雑誌「Re:s」とコラボしたナチュラは可愛いです。
 
Re:s
 
セット内容は、本体はもちろん、「Re:s」オリジナル本革速写ケース、NATURA1600フィルム、伊東俊介撮影の生写真(全6種)と、とても充実していて、資金に余裕がある方はこちらを購入した方がお得かもしれません。
 
 
「Re:s」のようにコラボ商品が販売されたり、カメラ好きから人気が高いものの、本を見かけたことがないので、ナチュラ一色の本があればいいのにな、なんて思いました。
著名人のナチュラ生活や、ナチュラユーザーの写真、フィルムを現像する場合の注文の仕方など……
「ナチュラ本」素敵だと思います。
 
 

 
 
  
以上!
担当は、ナチュラがますます欲しくなってしまった柚でした。
柚
 

投稿者 柚 : 2009年6月 4日 12:00