« 【スポーツ】地方競馬出身騎手が熱い | メイン | 【食べ物】粋なおもたせ »

2009年5月27日

【本】ジュンク堂新宿店

こんにちわ。
最近急に携帯電話のゲーム「ハコニワ」に目覚めたヤシマです。
楽しすぎて止まりません。初めてゲームにはまってしまいました。

それはさておき・・・

ずいぶん脱線していましたが、
自己紹介の時に予告していた「トウキョウ本屋ナビ」をはじめたいと思います。

第一回目は会社から(おそらく)最も近い大型書店、ジュンク堂新宿店です。

ジュンク堂の素晴らしいところは、本好きが書店でどのようなことを思うか、
計算しつくした店作りをしている点、これにつきます。

まず、本の種類が多い!
地方の小さな出版社の本もきちんと取扱い、面白い本があれば、
しっかりと特集棚を確保してお客に紹介している、その姿勢が素晴らしいです。
0527_1.jpg
北海道大学出版会が出版している「北海道主要樹木図譜」(6階レジ脇)など、
マイナーな良書が並んで、本屋をウロつく醍醐味が味わえます。

また8階ではこんな棚を発見。
0527_2.jpg
「カルチャー」という棚のようです。
まさにカオス。
なんかこういうおおざっぱな見せ方大好きです。
千原ジュニアの隣に牛肉がきちゃってます。
乙女ファッション雑誌の下に、
さりげなく「Self 中田ヤスタカ特集」があるのも味があります。
きっちりとした本屋のなかで、ヘンな本棚を発見するのが、私の地味な楽しみなんです。

ウキウキしつつ本を探し、さまよい歩いて気が付くのが意外な体の疲労です。
こころゆくまで本を探したい、まず少し中身が見たいという場合には
棚の脇にベンチがあるのでそこでページをめくることができるのも嬉しいです。

この膨大な本の海のなかで、お目当ての1冊を探し出すのは意外と骨が折れるもの。
ジュンク堂は店内に検索用のパソコンが沢山配置してあり、
どの棚を見れば目当ての本が見つかるか、すぐに分かるようにしてあるのが嬉しいです。

それでも本が見当たらなかった場合には店員さんに探してもらうのが一番ですが、
本屋の店員さんって以外と近寄りがたい雰囲気の方が多い。
(驚くほど自分、小心者なもので・・・)
でもジュンク堂の店員さんは、サービスも気遣いも素晴らしく
人によっては走って(!)本を探しに行ってくれます。
嬉しいです。とても。

さらに店内に喫茶コーナーがあり、軽食、コーヒーなどが楽しめます。
選んだ本をここで読むのもまた一興。
また本を一万円以上買うとこの喫茶室のドリンクチケットが貰えてしまうのです!
資料本を買い込む時は、自然とジュンク堂に足が向く理由の一つでもあります。

当然トイレも各フロアにあり、青木まりこ現象にも対応。

素晴らしい!
素晴らしいです、ジュンク堂!!


本を作る仕事に関わっていると気が付くのは、
いつも軽い気持ちで手に取る本は、
実はものすごい努力と忍耐と気合で出来上がっている、という事実です。
本当に大変です、本を1冊作るのは。

図書館でも思いますが、そんな努力と忍耐と気合の結晶である本たちが
こんなに沢山世の中に存在しているということ。
ずっと昔から星の数ほどの人たちが
よりいい本を作ろうと模索してきた結果がこの書店に集まっています。

そう考えるとロマンだよな~
この仕事についてよかったな~

など考えつつ、明日も資料を探しにジュンク堂に通います。


担当はヤシマでした。
icon-yashi.jpg

投稿者 ヤシマ : 2009年5月27日 21:44