« 【音楽】嗚咽の先に見る夜明け | メイン | 【本】たかがオビ、されどオビ »

2009年5月13日

【旅】ソウル体験談1:〈外国語×計算=商売繁盛〉の法則

もうすっかり初夏ですね! GWは毎日仕事だった(涙)Danaです。

前回、次はおすすめのk-popを紹介すると告知しましたが、
先月末に韓国に行く機会がありましたので(もちろん仕事で)、
今回は旅をテーマに書こうかと思います。

偶然にもGW直前の時期に行くことになり、
空港は早めにお休みをとって旅行する人たちであふれていましたね~。
羽田だったので、新型インフルエンザ騒ぎはそこまででもなかったですが。
ウォン安の影響もあって、今年のGW旅行の行先ベスト1は
堂々のソウルだったようです!
でも仕事で行っている私は観光地のような場所を回らなかったため、
あまり日本人には遭遇しませんでした。
明洞(ミョンドン)あたりはさぞ日本人だらけだっただろうと思います。
私も旅行に行くときはいつも立ち寄りますが、
明洞の、特にコスメなどが並んでいる通りは、
若い女性店員たちの日本語が飛び交っていて、
何だか不思議な気持ちになることがありますね(看板はIKKOさんばっかりだし)。
「ひとつ1300円で、4個買っても5200円! 日本で買ったらひとつ3800円ぐらいするから、
1個2500円も安い!」って迫られると、
私はその日本円で計算して、日本語で数字がすらすら出る能力に感動します
(まあ暗記しているのでしょうが)。
もっとスゴいのは、汗蒸幕(ハンジュンマク)エステなどを仕切る
“アジュンマ(おばさん)”。
あのアカスリしているアジュンマたちの格好もある意味スゴいですが、
そっちではなく、説明とか受付とかしてくれる女性たちの方です。
いくら物価の安い韓国とはいえ、やはりエステに行けば1万円近くかかるもの。
大体旅行で行くときは、最終日にエステに行ったりするので
ウォンが足りなくなってきています。
でも、残っているわずかなウォンを使いきりたいので、
ウォンと円に分けて払うわけです。
余っているウォンをすべて出し、残りの円を計算してもらいます。
ものスゴいスピードで電卓をたたき出すアジュンマ。
私も一応値段を確認しようと一緒に計算を始めるのですが、
金額が大きくなってくると、だんだん頭が混乱してきます。
時には、もう少しウォンを残しておかなければいけないことに気づき、
やっぱりこれで、ってウォンの値段を変更すると、さらにわからなくなります。
そんな私を見て、「今日のレートが~で、消費税をかけると~円でしょう」
と何度も親切に日本語で説明してくれる人もいました。
いくら商売根性から培ったものとはいえ、脱帽です。
外国語能力に計算能力が加わると、何だか本当に
最強な存在に思えてしまうんですね。

すいません、アジュンマの思い出だけでこんなに引っ張ってしまいました。
最近行った韓国エピソードは、次回に続けようと思います。
以上、担当は計算好きのDanaでした。


Dana

投稿者 Dana : 2009年5月13日 12:00