« 【旅】「ちょっとそこまで」旅する散歩 | メイン | 【音楽】ラ・フォル・ジュルネに夢中 »

2009年5月 7日

【スポーツ】GWは番長と

GW明け最初の更新です。
天気が落ち着かない連休でしたが、
皆さんはいかがお過ごしでしたか?

僕は校了が迫りつつある
仕事のことを考えながらも
あるDVDに夢中になっていました。

それは今年3月に発売になった
「清原和博・怪物伝説」。
昨年、惜しまれつつもユニフォームを脱いだ
清原和博の23年に及ぶ選手生活の軌跡を綴ったDVDです。

DISC1では、ドラフトから引退までの各年を清原の成績と共に追い、
DISC2では、公式戦で放った全525本に加えて
オールスター、日本シリーズのホームランを完全収録。
という野球ファン垂涎の内容。

僕は、特にDISC2のホームラン集
中でも外角球を右におっつけるホームランが好きで
GW中自宅にいるときは、レコード屋のモニターのように
清原のホームランを垂れ流し続けていました。

野球選手のDVDや書籍は数多くありますが、
その中でも「涙のドラフト」から
「巨人への移籍」「左ひざの大手術とリハビリ」など
常にドラマを背負い続けた清原のストーリーは
やはり誰もが胸を熱くするものだと思います。
その証拠に清原の自叙伝「男道」は大ヒット。
関連商品も好調なようです。

次はどのスポーツ選手の自叙伝が、国民のハートを刺激するのか。
こんな話を居酒屋でしだすとキリがなさそうですが、
もしそんな機会があれば僕は、カープの前田智徳選手を
ゴリ押ししたいと思っています。

将来を嘱望されながらも、左アキレス腱を負傷。
腱鞘滑膜(けんしょうこつまく)切除手術を受けた後
不屈の闘志で再起を果たした、孤高の天才の自叙伝。
想像しただけで、泣けます。

前田選手の自伝。手がけてみたいです。


担当は、番長太郎でした。

icon3.jpg

投稿者 太郎 : 2009年5月 7日 12:00