【お笑い】ラーメンズ第17回公演「Tower」

先日、大好きな「ラーメンズ」の第17回本公演「Tower」を観てきました。
(※ラーメンズとは…小林賢太郎・片桐仁からなるふたり組のコント屋。
舞台を中心に活動し、テレビ出演はほとんどなし)
ホームページはこちら

前回公演「TEXT」から約2年ぶりの本公演なので、単なる一観客であるにも関わらず、
十分すぎる気合いと期待を込めて、劇場へ。
毎回、公演名とコントの内容がリンクするのがラーメンズの特徴でもあるので、
「Tower」という言葉がどういった形でコントに反映されているのか、も
見どころのひとつでした。

今回の東京公演から全国ツアーがスタートするため、ネタバラシはしませんが、
観た後の感想をひとことで言うならば、
「今回も期待を裏切らないおもしろさだった!」
これに尽きます。
前回公演「TEXT」とはイメージの異なるおバカなコントあり、
「TEXT」の雰囲気を踏襲した言葉遊びの要素が強いコントあり、と
バラエティに富んだ構成で、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

今回で17回目の本公演ですが、ラーメンズは回を追うごとに
チケットが取りづらくなっているように感じます。
今までは、前売り券が買えなかった場合、劇場前に並んで当日券を取るという
“努力と根性作戦”を決行していました。ですが、今回の公演からは当日券も
ネット販売になり、発売時間ぴったりにアクセスしても、繋がらなかったら
チケットは取れません。
並ぶ人の安全を確保しなければならない劇場側としては、ネット販売にした方が
良いとは思うのはわかるのですが、「頑張れば観られる!」という希望が
なくなってしまったのは少々残念に思います。


テレビのお笑い番組には一切出ず、舞台のみで活動するラーメンズは、
昨今のお笑いブームとは真逆の方向に突っ走っているといえますが、
なぜこんなにチケットが取れないほど人気があるのか?
その理由を少し考えてみました。

ラーメンズのおもしろさは、「言葉」と「間」にあると思います。
舞台から投げかけられた言葉やヒントを、観ている側が受け止め、
咀しゃくし、その先を想像して自分の頭の中で答えを出す。
その行為をしてはじめて「おもしろい」と感じられるのが、
ラーメンズのコントの特徴だと思います。
そのため、観る方もすごく集中します。
彼らの言葉・動き・ちょっとした仕草までも目で追い、
舞台上に散らばった「笑いの要素」をかき集め、
自分の頭の中で再構築して「おもしろさ」に変換していくのです。
ラーメンズのファンが増える=その作業を楽しめる人が増えてきている、
ということなのかもしれません。

そこで気になるのが、ラーメンズの全コントを作・演出する小林賢太郎さんの頭の中。
自分たちが求めている答えを導き出すために、ヒントだけを与えて観客側に
答えを出させる、という行為は、観客の意識が小林さんと共通しない限り
成り立たないので、とても難しいことだと思います。
しかし、小林さんはそれをやってのけるのです。
小林さんが何をきっかけにしてコントを考え、それを構築し、形にしていくのか。
その過程は企業秘密でしょうから、すべてを明かすのは難しいと思いますが、
ほんのちょっとだけ、彼の頭の中を覗き見できるような書籍を作ることができたら、
と思っています。

そうしたら、もっとラーメンズのコントが楽しめるし、
さらに彼らのコントの奥深さが味わえるような気がするのです。


担当はこくうぞうでした。
icon.jpg

投稿者 こくうぞう : 16:43

2009年4月10日

【植物】ベランダ菜園

こんにちは。妄想庭園ということで、現在の私の脳内の7割を占めているベランダ菜園について書いていきたいと思います。

昨年、ベランダが広い部屋に引っ越したため、ベランダ菜園を始めました。私の実家では畑を作っているので、その様子を見ていた私はまぁなんとかできるだろうと思っていました。しかし、それがみごとに惨敗。きゅうりの苗は3本植えたにもかかわらず、実は1本しか取れず、ゴーヤは親指程度で成長が止まり、枝豆にいたっては植えた豆を鳩に食べられてしまいました。

今年は、そんな失敗はしないと、鉢植えに最適な初心者向けのミックスリーフと二十日大根から初めてみました。ミックスリーフとはルッコラ、ミニエンダイブ、ミニシュンギクなど小さめの葉ものを混ぜたもので、簡単にできる上に長く収穫できるとのこと。また、二十日大根は早くできるらしいのでさっそく植えてみました。

P1010457.JPG


1週間もするとこんなに続々と芽を出してきました。

P1010475.JPG


こうなると一日一日その成長がとても楽しくなります。と、思ったら、なんだか小学生の頃にむりやりやらされていた朝顔の観察を思い出しました。朝顔の成長を絵に描いて残していきましょうね、というものだったとおもいますが、絵が苦手な私には苦痛でしたし、毎日水をあげて花の数を調べてというのが面倒だったのです。
しかし、今になってみると植木鉢や種はそろっているし、育て方は先生が教えてくれると至れり尽くせりなんですよね。今ならそんな家庭菜園キットが欲しい。絵を描かなくとも写真を写したら自動的に絵日記風に仕立ててくれるキットが欲しい。そう思います。そんな分冊があってもいいですよね。「週刊・ベランダの四季」。毎週植え時の苗とわかりやすい解説が付いているようなもので、もっというならば定期購買者には畑ひとつ(家の近くで)が付いて、キャンペーン中は草取り特典があって、全冊買い集めると野菜の成長記録を1冊の本にまとめてくれるような雑誌、いいと思いませんか? 最近のベランダ菜園ブームも後押しして、そんな雑誌ができればいいな、なんて思っています。

ところで、ベランダ菜園人気を受けて菜園便利グッズが続々とでているようで、私が最近買って便利だったものがこちら。

P1010477.JPG


ペットボトルの口に合わせたジョウロの口の部分です。これがぁ? と思う方もいるかもしれませんが、ジョウロって意外と高いし、あまり大きなものは不要なのでちょうどいいものがなかなか見つからなかったんです。これで毎朝晩水を上げるのが楽しみなんですね。
始めてみると意外にハマってしまうベランダ菜園。みなさんも簡単にできる葉っぱものから始めてみてはいかがでしょうか。

担当は飯こでした。

飯こ

投稿者 飯こ : 17:37

2009年4月 8日

ガチでガチガチのトップバッター

はじめまして!

KWC 第1制作部所属の“こくうぞう”です。
かなりビビリ気味のトップバッターですが、どうぞよろしくお願いします!

ペンネームの「こくうぞう」は自分の生まれ年の守り本尊である、
虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)さまからいただきました。

現在、担当している仕事は、スポーツ系の月刊誌&文化系の月刊紙です。
以前は幼児系や旅行系の月刊誌も担当していました。


自己紹介:コピーライター職を経て、2008年2月21日にKWCに入社。
あっという間に一年が経った、というのが正直な気持ちです。
新人とはいえ、年はちょこっと(かなり)喰ってます…。
ですが、気持ちだけは“万年19歳”もしくは“永遠のティーンエイジャー”のつもりです!
いつまでもフレッシュな気持ちを持ち続け、加齢臭を吹き飛ばしたいと思います。


キャッチフレーズ:「根暗なひょうきん者」


好きな言葉:「偶然なんてない、必然だ」


趣味:
●音楽(ロック、パンク、メロコア、テクノ、スカetc もはやなんでも聴くのです)
●スポーツ観戦(主に野球、アメリカンフットボール)
●観劇(2010年に予定されている「第三舞台」の復活を心待ちにしています)
●お笑い(ラーメンズ、THE GEESE、ラバーガール、東京03、バカリズムetc)
●舞踏(山海塾のしなやかさ&美しさにメロメロです!)
●旅行(国内旅行中心。温泉や寺めぐりなどオバサン色強し)
●仏像・神社仏閣の鑑賞(神社仏閣を見るとテンションが上がります)
●B級グルメ(安くておいしいならそれに越したことはない!)
などなど、ちょっとでも興味を持ったことには、とりあえず首を突っ込まずにはいられない性格です。
そして好きになったらひたすら猪突猛進!おかげで時間もお金もすっからかん…。


自分の興味のあるジャンルについて、いろいろと妄想をふくらませつつ、
書きつづっていきたいと思いますので、これからよろしくお願いします!

ご挨拶代わりに、お気に入りの写真を。
西伊豆にある「恋人岬」で撮った夕日の写真です。
携帯電話のカメラで撮ったので、クオリティは低いのですが…。
(思い切って新しいカメラを買ってしまおうか、現在悩み中です)

koibito1.JPG


koibito2.JPG

担当はこくうぞうでした。
こくうぞう


投稿者 こくうぞう : 12:00

自己紹介

はじめまして。飯こです。
会社の中では制作部でお仕事をしています。


…入社日…
08年1月4日入社です。
1年と少しが経ちました

…仕事内容…
雑誌やWebのコンテンツを作成しています。
デジタル関係のことや子育て関係のものが中心です。
今まであまり関わることの少なかったものなので、いろいろと四苦八苦していますが、
新しい発見も数々。今まで知らなかったことを知ることって楽しいですよね。

…趣味…
◎ベランダ菜園
まだ始めて1年です。しかも昨年は失敗していますが、今年は本格的にチャレンジしようと思って専門の本を購入しました。
トマトやレタス、キュウリなどを作って、夏には野菜を買わずに自給自足(野菜だけ)するのが目標!

◎音楽
演奏はできないですが、音楽を聞くのは大好きです。ライブやフェスなどに出かけることも好きなのですが、社会人になってからはなかなか行けずにいます……。
今年はたくさん行きたいと、ひそかにたくらんでいるところです。


またなにか新しい趣味になるものを模索中です…

…ひとこと…
日々の発見や心に残ったこと、おすすめのモノゴトを
お伝えしたいと思っています。
これから更新頑張ります!

よろしくお願いします。

飯こ

飯こでした!

投稿者 飯こ : 12:00

はじめまして

こんにちは。
第3制作部で、月刊スカパー!などを担当しているシカゴと申します。
(ニックネーム決定のいきさつは追々・・・)
2008年3月に入社しました。

ここ一ヶ月はまっていることは、“歩くこと”と“自然食”。
ここ三ヶ月のはまりものは、こたつ。
年中かかせないのは、砂糖と銭湯。
ここ十五年の付き合いになるのは、映画と英語。
今思い付く苦手なものは、寒さと鳩。

ここ一週間の関心は“代謝”、
願いは、実家への帰省と免許合宿のため山形へ行った妹の帰宅です。

平日は極めて禁欲的な生活を送り、
週末は、自分の欲望に忠実に、基本的なことを大切に、
“テーマ休日”を実行中。

私の頭の中で、出たくてうずうずしているものを
更新していけたらいいなと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!

シカゴ

投稿者 シカゴ : 12:00

【自己紹介】KWC新人太郎とは……

皆さんはじめまして。太郎と申します。

「男らしい」という理由で、かねてから憧れていた
「太郎」というハンドルネームにしました。
よろしくお願いします。

最初のエントリーは自己紹介ということで、
僕のことをちょっぴりだけご紹介。

続きを読む "【自己紹介】KWC新人太郎とは……"

投稿者 太郎 : 12:00

自己紹介です

はじめまして、ヤシマと申します。
企画営業部に在籍しております。

…入社日…
08年6月23日から働いてます。
ちょうど9か月目くらいです。

…仕事内容…
企画営業部の仕事を簡単にいうと、制作部のアシストと仕事発掘です。
それなのに逆に助けられたり、教えていただいたり。
日々精進、を心がけています。

…趣味…
■音楽
中学校時代、電気グルーヴに衝撃を受け、以来テクノばかり聞いてきましたが、
最近人間が丸くなってきたのでクラシックも聞くようになりました。

■旅
小心者なので一人旅はできないくせにバックパッカーでした。
主に行っていたのは北欧諸国、アジア、イギリス周辺。
現地に溶け込むことが得意で、よく旅行者に道を聞かれます。
でも方向音痴なのでたいがい自分が道に迷ってます。

■園芸
理科の時間の延長、のような感覚で植物を育成しています。
最近ついに栽培の難しいバラに手を出しました。
つぼみをついばむ野鳥と戦う毎日です。

■映画
大学時代、映画について勉強していたこともありました。
「インディー・ジョーンズ」「ひかりのまち」「落下の王国」など
一貫性なくいろんな映画が好きです。

■写真
二眼レフカメラシリーズで有名なローライフレックスの
ミニミニ復刻版であるRolleiflex MiniDigiを愛用しています。
近所の井の頭公園周辺でよく撮影しています。

■読書・本屋めぐり
最大の趣味はやっぱりコレです。
本屋に行くと、たまにワクワクしすぎて動悸・息切れがします。
客観的に見たら軽い不審人物ですね・・・
この仕事をしていると、
必然的に資料を集めに本屋・図書館に足を運ぶことになるので
とてもとても楽しいんです。

ひとくちに本屋といっても、
特集コーナーの見せ方、陳列の仕方、店員さんの雰囲気、
トイレがどこにあるのか(コレは重要ですね)など、
さまざまな個性があります。

次回からは本屋めぐりの日々のなかで私が感じた
都内各所の本屋の特徴などを
このブログでご紹介したいと思っています。

本好きによる本好きのための、トウキョウ本屋ナビ。
どうぞよろしくお願いします。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

担当はヤシマでした。

ヤシマ

投稿者 ヤシマ : 12:00

 1  |  2  |  3  |  4  | All pages